カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

宮古サーモンハーフマラソンふりかえり〜前半戦

本日は計画的ランオフ。ザコツーのせいか尻の左側がまだ痛い。ちょっと駆け出そうとしただけで痛ててて、となる


少し我慢して動かし続けていれば気にならなくなるのだが、座り仕事を続けたあと立ち上がるとまた痛む。辛い、、、(-。-;


さて宮古サーモンハーフマラソンふりかえりの続き

前半戦

閉伊川にかかる橋を越えたところで2km通過。ペースはキロ4分20秒あたりをキープしている。日が高くなり、どんどん気温が上昇していることが、走りながらでもよくわかる。頭からはどんどん汗が流れてくる。序盤にしては汗の量が多いような気がして仕方がない。ついアップルマラソンでの脱水リタイヤが頭をよぎる


国道45号を南下し、中心街から離れていく。気持ち上り基調だがほとんど気にならない程度の道が続く

コースは右折して国道45号を離れ、磯鶏の住宅街へと入っていく。道が狭くなるが、周りにランナーが少なく、それほど窮屈な感じはしない

若干上りの方が多いものの、感覚的にはほぼフラット。と、思ってたら突然坂があったりして

稲刈りの終わった田んぼを横目に見ながら5kmを通過

タイムを確認するとまだ22分を超えたくらいのところ。自分としてはちと突っ込み過ぎかと思ったが、脚は元気なのでそのまま行く

1km 4分24秒
2km 4分20秒
3km 4分24秒
4km 4分19秒
5km 4分38秒
(0-5km 計22分05秒)

周りが一般住宅と農地ばかりになってきて沿道の応援は少なくなったが、かわいいばあちゃん達が「ほれ、がんばれがんばれ」と応援してくれたり

かわいい女の子が2人で声を揃えて応援してくれたりしてうれしい(´∀`*)

細かいアップダウンで少しずつ体力を削られてはいるが、ひとまずここまでの経過は順調そのもの


休止中の山田線の踏切をわたり、大きく左へとターン。第一折り返しへと向かう。脚はまだまだ問題ない模様

しかしそれでもやや発汗は気になるので、給水所ではむせないように少し歩いてでもしっかりと給水。その際にはなるべく前方のコップを取り、コースの右端によって他のランナーの邪魔にならないように努めた。この辺は過去の経験が活かされた感じ٩( 'ω' )و


山田線沿いに走り、8kmを通過したあたりで先導車とすれ違う

と、いうことは、、、キタ━━━━ヽ(ΦωΦ*)ノ━━━━!!!!

トップは青山学院大の選手。さすがに大学日本一チーム。と思ったら違った。一般の30代男性でした。すげー。記録がどのくらい出るのかは皆目見当がつかなかったが、見た感じ後続を1分は引き離していた
(このときはすっかり青学の選手だと思ってました。すみませんm(_ _)mメンゴ)


このあたりで太鼓の応援団に遭遇


トップをスライドで見送ったあと、コースは宮古水産高方面へ向けて右折して。。。と!なんじゃこの起伏は

思わず「なめとんのかw」と声に出てしまう


登ったら今度は下り。大腿四頭筋にガツガツ衝撃が入るぅ

おそらくコース中一番のアップダウンを終えて数分ほど行くと第一折り返し

折り返したということは、ついさっき越えた起伏をもう一度越えるということ(-。-;

骨盤ぜんけーい!
下を見なーい!

で、えっちらおっちら丘を越える


直後に10kmを通過

6km 4分23秒
7km 4分34秒
8km 4分25秒
9km 4分34秒
10km 4分27秒
(5-10km 計22分23秒、0-10km 累計44分28秒)

ここまで多少起伏に影響されつつもほとんどイーブンペース。悪くない


眠くなったので今日はここまで。もう一回だけ続きます

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする