読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

鈍足とお嘆きのそんなあなたに耳寄りなお話

新年会翌日に休んだ後、今朝は走ってきました。定番の120分LSD

たぶん気温はマイナス5度くらい。このくらい寒いと急に動いてどこか痛めるのも怖いのでじっくりゆっくり。それでも無補給で120分はそれなりに疲労する


突然だが、アタクシは足が遅い。そのことが子供の頃からコンプレックスだったという話は以前にも書いた


40歳をとっくに過ぎてから体質改善目的で走り始め、だんだんと長く、速く走れるようになってきた


数字の上では1km7分で息絶え絶えだったところから、3分台で走れるくらいにはなったが、ではそれって自分の持つ「最高速度」が上がったのか?というと、どうもそういうことではない、ということに最近気づいた


そこで長距離ランナーが目安とするスピードは、実際どのくらいの「速さ」なのかということを考えてみた


多くの市民ランナーが憧れ、速いランナーとして認められるサブ3。そのサブ3のペースは1kmあたり4分15秒だ。アタクシが目指しているサブ3.5だと4分58秒、マラソンランナーとして一つの大きな指標となるサブ4だと5分40秒で届く。その人のレベルにもよるけど、これを聞くと「うわー速い」「これでフルとか無理」「そんなスピード出せない」と大抵の初心者ランナーは思う。ご多聞に漏れずアタクシもそうだ


しかし、しかしだ


そこのアナタ!自分の50m走のベストタイムって覚えていますか?
愛、おぼえていますか?

ちなみに幼少時から鈍足で鳴らしたアタクシは長らく10秒そこそこ。6年生の時まぐれで出した8.5秒が人生最高記録。でもこれ、7秒台なんてザラで、中学高校ともなれば6秒台なんて人も少なくないはず。速い人はさておき、鈍足を自認する人でも一度も10秒切ったことないって人はそんなにいないんじゃないかと思う


たぶん世の中の健康な人の大半は50mを10秒、頑張ってその倍の100mを20秒くらいでなら走れるでしょ?鈍足のアタクシだってそのくらいならなんとかなる(はず)


んで、さっきのキロ4分15秒ペースってのを100mあたりになおすと25.5秒、さらに50mだと12.75秒


ん?なんか全然大したことないって気がしてきません?( ̄∇ ̄)


ちなみに1km5分だと100m30秒、50m15秒ですよ?小学生でも


何チンタラ走ってんだよ!(#゚Д゚)ゴルァ!!


ってレベルですよ


つまり、何が言いたいのかというと、サブ3.5のスピードは、鈍足のアタクシにとっても大したことはない。元から持っているスピードの何割かを引き出しさえすれば、十分達するスピードだということ


絶対的スピードだけを見れば、サブ3だって夢じゃないかもかも


全世界の鈍足の仲間たちよ!己のスピードの無さを嘆く必要はない!絶対的スピードは目指すタイムにはあまり関係ない。それが言いたかったのです!!

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする