読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

とりとめもなく己の才能の無さを嘆いてみるものなり

火曜日は定休日。なので走るの休んだのだけど、うっかり目覚ましも止めて7時前まで寝こけてしまった(-。-;ので、代わりのトレーニングも何もなし


今月も折り返しを過ぎ、ここまで結構オフが多い割に150km近くは走っていて、我ながら距離だけはまあまあ踏んでいると思う。しかし、最近はまったくそれが走力に反映されていない


質の高い練習ができていないから、と言われればその通りかもしれないけど、もう2年近く月200km以上は普通に走っているのに、サブ3.5すら達成できていないというのは、ひとえに「走る」ということに素質とか才能が無いからなんじゃないかと最近特に強く思う


先日、会社のランニングクラブの新年会に誘われて参加してきたのだが、ランニング談義の中で急に某先輩が


「お前の最終的な目標はサブ3なんだろ?」


とアタクシに聞いてきた。あまりに急だったこともあって一瞬言葉に詰まってしまった。酔っ払っていれば「当然でしょ!」くらい言ったのかもしれないけど、下戸のアタクシは


「うーん、サブ3って、才能が必要だと思うんすよね〜」


と至極マジメに答えてしまった


でも、これって本音なんだよね


無論アタクシとてサブ3を夢見ないわけではない。しかし、月に300km以上の練習量を積み上げてもサブ3.5すら達成できないんだから、サブ3ともなると、やっぱ努力だけでは埋められない才能が必要なんじゃないか?と思ってしまうのも致し方ないのではないかと(-。-;


完全に記録が頭打ちになってる今、そんな夢みたいな目標のことなんて考えてる場合ではない。しかしまあ達成できないからこそモチベーションが保てる、という側面もあるので、現実的な目標が近いところにある、というのは悪くない


問題はそれが遠ざかりつつあるような気がしてならないことなんだけどね(((( ;゚д゚))))アワワワワ


↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする