カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

第8回いわきサンシャインマラソン その1

今朝は大腿四頭筋に大ダメージ。立ち上がるのも一苦労というくらいの筋肉痛のため、当然のことながらランオフ


ただ故障の痛みじゃなくてただの筋肉痛。これは良かった


しかし、痛みが出たのがハムや大臀筋じゃなくて大腿四頭筋だったことは不満。着地がバタついている証拠なので、これはフォームの見直しが必要そう。まあでもそれは後日追い追い


さてでは、第8回いわきサンシャインマラソンのふりかえり

朝〜スタート前

朝は4時すぎに起床。前日ブラタモリを見終わったら寝てしまったくらいなので睡眠は十分。せっかく24時間温泉入り放題のお宿に泊まったので、まずはひとっ風呂


ここのお風呂。なぜか脱衣所のカゴに往年の力士名がついていた(あとでカミさんに聞いたら、女風呂はとくに何もついてなかったそう)

前夜は「大鵬」、このときは「双葉山」。伝説的大横綱のお力を貸してもらうつもりで利用した


風呂から上がって、前日用意したウェアをチェックしつつ、補給食の仕込み。やはり外は寒そうだったので、汗冷え対策用のフェニックスのトランスファーの上に長袖のアンダーシャツを着込み、さらにその上からチーム50Tシャツを着ることにした


補給食は、塩熱サプリとクエン酸カプセル4つをパウチに入れ、さらにヴィダーの塩サプリを3個、マグオンのジェルはアップル味とカフェイン入りのレモン味をそれぞれ2個ずつ。それと攣り対策のコムレケアを2包。これを全部パンツのマルチポケットに押し込んだ


リストバンドには「お守り」として500円玉1枚とロキソニン1錠。飲むつもりはないけど、どうにもならなくなったときの最終手段として携行することにした


準備を終えて朝ごはん。ありがたいことに今回宿泊したいづみやさんでは、スタート時間を考慮して朝6時から朝食を用意してくれた。ごはん、塩ジャケ、温泉卵、ひじきの煮付け、湯豆腐、明太子、野菜サラダ、しじみのお味噌汁。どれも美味しくいただいた


今回、フルマラソンのとき恒例の餅は用意していなかったのだが、朝食が盛りだくさんだったのでこれは結果的に正解だったかも


シャトルバスが出る湯本駅前までは徒歩で5分ほどだったので、7時半過ぎまでのんびりしてからチェックアウト。駅前へ行くと、すでにバスが待機していたので待ち時間もなくスムーズに乗車。スタート会場となるいわき陸上競技場には8時過ぎに到着した

スタート時刻まであまり時間もなかったのでそそくさと用意。荷物を預けに行こうとすると、息子が陸上競技場のトラックを指差して「走りたい」と言う


ウォームアップはやらない主義なので躊躇したが、せっかく息子がやる気になっているので一周だけ一緒に走ることに。ゆっくりゆっくり、息子のフォームをチェックしながら走る。が、息子のフォームは直すところが見当たらない。すげーな、お前!


一周すると既にスタートまで30分を切っていたので、カミさん、息子と別れスタートブロックへ向かう


スタートの一番前は陸連登録者。次が一般参加者のAブロック。以下アルファベット順につづくのだが、今回アタクシのスタートブロックはまさかのA。看板のタイムを見ると、、、いや、これなんかの間違いじゃないの?(;´Д`A

え?こんなに前?と困惑しながら、遠慮してBブロックの最前列の少し前に並んだ


すみません、スタートできませんでした
つづく!

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする