読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

第8回いわきサンシャインマラソン その5

金曜朝、外は風が強いものの季節外れの暖かさ。まだ多少氷は残っているものの、道を選べば滑る心配はまったくないので久しぶりにポイントめいた練習をやってみた


川沿いの歩道で約1kmのスプリント走。「速く」と「楽」のバランスがベストになる走り方を探るつもりで走る


頭の中で、「骨盤を立てる」とか「大転子を引き上げる」とか、どこかで読みかじったようなことを思い浮かべ、自分の身体で再現させようとして走ると、たまーに「ハマる」瞬間があるのだけど、気がつくと腰が落ちてしまっていたり、猫背になっていたりしてうまく持続できない。この辺は技術的なことよりも筋力の問題の可能性が高そう


結局何も掴めないまま、インターバル的に1kmを2本、400mを3本走って終了。残りは延々ダウンジョグ

未だ自分の走りの「カタチ」がわからない。まあ、それ自体「伸び代」だと思えば、わからない方が今後の楽しみが増えて良いのかもしれないけどね


ここからはいわきサンシャインマラソンのふりかえり

後半戦へ

中間点を過ぎて、コースは海沿いを離れ少しさみしい田舎道に入る。が、この区間はすぐにわずか1km程度。すぐにマリンタワーへ向かう看板が目に飛び込んできた

マリンタワーに向かって左へ曲がると、このコース一番の上り坂

スピードが鈍るが、アタクシはここぞとばかりにウォークブレイクw。再び走り出したらあっという間に上り坂終了。坂の終わりではゆるキャラの応援を受けた

マリンタワーのエイドでは水だけをもらい、マグオンのジェルと一緒に喉に流し込んだ


そこから上った坂を一気に下る。下った先には小名浜の港。今年は晴れたおかげで視界が一気に広がり心地良い

しかし、去年はここで調子に乗ってスピードを上げ過ぎてしまった反省があったので少々自重。ピッチを心持ち上げてガツガツ着地せず、脚を後ろにさばいていくイメージで駆け下りた

港へ降りると海の方向から吹き付ける風が俄然強くなる。去年ほどではないかもしれないが、左前方から身体を押されるような感覚で進みづらい

ゴール会場となる「ららミュウ」入り口で24km。去年の記憶がよみがえる

去年はこのあとのアクアマリンパークのあたりで応援に応えながら調子に乗って走ったのと強風に煽られたので脚を使い切っちゃったっけ、とアクアマリンふくしまをコースの向こうに見ながら思い返す

今年も去年に負けず劣らずの強い風。ところにより完全な向かい風になることもあってツライ。ここはあまり頑張り過ぎない方が良いかも、と思ってペースを確認すると、既にペースが落ち始めていたことに気づいた(-。-;

21km 5:12
22km 4:59
23km 5:49
24km 4:54
25km 5:10
20-25km 計26分04秒
0-25km 累計2時間06分57秒

なんとか30kmまではこのままで行きたかったが、今回はひとまず最後まで走りきることがテーマ(歩いたけど)なので、ペースはカラダの反応に任せる


ペースは落ちてもまだ走れている。まだ先は長いんだから無理はしない。だから給水所では堂々と歩く。水を飲めばまた少し復活して少なくとも数百メートルの間はペースを戻せる

風に煽られながらもアクアマリンパークを抜け、いよいよコースは工場地帯へ。周囲がいきなり殺風景になり、沿道の応援も極端に減るここからが踏ん張りどころ


去年もいたサンバ隊の軽快なリズムに励まされるように走る

そして遂に距離は自分的鬼門の30kmに到達。去年のいわきはここを境に一気に脚が止まったし、10月の弘前アップルマラソンでもペースについていけなくなった

このレースはどうか?タイムは上記2レースよりも4分くらい遅いし、股関節をはじめ脚に痛みが走りはじめている


でもまだ動いている。遅いけど走れている。痛くても走れないほどの痛みじゃない。あとほんの12kmちょっとガマンすればいいだけ

26km 5:24
27km 5:16
28km 5:41
29km 5:19
30km 5:29
25-30km 計27分09秒
0-30km 累計2時間34分06秒
(正式記録は2時間34分29秒)

冷静になって振り返ると12kmが「あとちょっと」って思考がどうかしてるw気もするが、このときは割とポジティブにとらえていた。ゴールタイムは気にしない。いや、ホントはちょっと気にしてるけど、走りきれば去年よりはマシなタイムになるだろう。そう思うと少しだけ気が楽になっていた

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする