読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

第8回いわきサンシャインマラソン その6 「ソフトランディング」

本日は京都、熊本城、北九州、泉州国際、青梅等々人気レースが目白押し。それぞれにいつも読んでる有名ブロガーさんやTwitterで交流のあるランナーさんが出場していたので、午前中に応援ランと称して3時間走することにした。ペースはとくに決めず、目標はとにかく3時間で30km以上走ること


強い風にガンガン煽られながらだったが、20kmまでは楽勝〜。と思ったら、ハーフの距離を過ぎたあたりから脚が重くなってツライ(;´Д`A。ガス欠かな。クエン酸+ココナッツオイルでもさすがに3時間無補給はキツかったみたい


最後はヘロヘロ

30kmなんて屁のカッパと思える強いランナーになれるのはいつの日のことか(-。-;


さて、いわきサンシャインマラソンのふりかえり。いい加減終わらせますw

30km〜ゴール

※ゴールに近づけば近づくほど写真が減るのは仕様です


30kmを過ぎて沿道の応援がかなり減ったところで、iPhoneのミュージックを再生させる。同じような風景が続くので気を紛らわせるのと、音楽で自分を鼓舞するのが狙い


レース用に事前に作っておいたプレイリストからランダムで再生させるとイヤホンから流れてきたのはデキシード・ザ・エモンズの「GOOD FEELIN'」

これが最高のフィーリング!
これが最高のフィーリング!

自分に言い聞かせて脚を運ぶ


疲れてはきていたが脚が動かないわけではなかったので、落ちてきたペースを少し戻そうと試みる。ストライドを伸ばそうにも大腿四頭筋が着地のたびに痛むので、これ以上着地衝撃を増やしたくない。ならばとピッチを上げる


一瞬の追い風にも乗って少しスピードが戻ってきた!と感じたので、そのまま上げていこうとしたそのとき

ブルッ!

突然右のふくらはぎが震えだした。やばい!と思ってピッチを落とす。それでも数歩進むとまたふくらはぎが同じように震える


まだレースは10km以上もある。ここで完全に攣ってしまうとレースが終わってしまう


アタクシの初マラソン、2015年の弘前・白神アップルマラソンでは、26kmに右、33kmで左のふくらはぎを攣ってそのままレースを強行した結果、帰りには歩くこともままならないほどのダメージを負ってしまった。その苦い記憶がよみがえる。もうあんな痛く苦しい思いはしたくない


今日のレースはとにかく最後までしっかり走って故障しないこと

ここはソフトランディングを図ろう

自分でも意外なほど冷静に、そう判断を下した


まずポケットを探ってヴィダーの塩サプリを2個口に放り込み、ボリボリと噛み砕く。さらにペースを落とし、腿と臀部の筋肉を使うことを意識。膝が折れて腰が落ちないように、と気を張って進むと、ポンポンを持ったかわいい子供たちのチアガールからの声援を受けた

去年はこの辺から第二折り返しのあとの給水所まで歩き倒したっけ、と思い出す。今年も激沈してるけど、まだ走れてる。そのことが素直に嬉しかった


子供チアのいるあたりはコースが大きく右に折れているので、一瞬第二折り返しかと勘違いしそうになるが、そこは2年連続参戦なので大丈夫。気を入れ直して第二折り返しまでえっちらおっちら下っていった

第二折り返しを過ぎてすぐに給水所。ここでも歩きながら水分補給。水とともにコムレケア、さらにカフェイン入りのマグオンのジェルでマグネシウムも摂取して、二重三重の攣り対策


もう手持ちの補給食は塩熱サプリだけ。打てる手は全部打った。あとはゴールまでなんとか身体を運ぶだけ

31km 5:18
32km 5:53
33km 5:29
34km 5:51
35km 5:46
30-35km 計28分17秒
0-35km 累計3時間02分46秒

35kmを過ぎたあたりのスライドでだれやねんさんと再会。手を上げて「いけるいける!」と声をかけてくれた。あちこち痛くて気力が萎えてきていたところだったので、ものすごくうれしかった


このときもロクな返しができなかった気がする(記憶なし)。でもこれのおかげで最後まで走りきれた気がする。だれやねんさん、ありがとうございましたm(_ _)m


レースはいよいよ最終盤。第二折り返しの前後にあるダラっとした坂を越えたが、もはや坂を越えたという意識すらなかった。とにかく前に進むだけ。ふくらはぎは右だけでなく左も数歩ごとにビクビクいいだすが、なんとか持ちこたえている。左の大腿二頭筋あたりにもあやしい兆候が感じられるが、もう残り少ないので労わりながらも走り続けた

38km付近で最後のウォークブレイク。ほんの30秒弱だが疲労で攣りかけた筋肉を休める。再び走り出してみると、遅いながらも痙攣の気配はかなり軽減されていた

歩くのと走るのとは使う筋肉が違うことを実感


そしてついに40kmに到達

タイムはすでに3時間30分を超えていたが、そのことよりも、どうやら最後まで走りきれそうなことに安堵していた

36km 5:59
37km 5:38
38km 5:25
39km 5:48
40km 6:06
35-40km 計28分56秒
0-40km 累計3時間31分42秒
(正式記録は3時間32分35秒)

42kmに達してもまだゴールゲートは見えない。去年はここからが長い気がしたのだが、今年は意外なほどあっさり視界にゴールゲートをとらえた


ゴールに向かうレーンへ入るとすぐ右側にカミさんを発見して声をかける。息子は待ちくたびれてよそ見をしていたらしく、遅れて登場。振り返りながら手を振る


最後、しっかりゴールゲートを撮影して終わろうとしたらなかなかiPhoneのカメラが起ち上がらない(-。-;ゲート前でスローダウンしてあたふたと写真を撮っていたら、途中ペーサーがわりに付かせてもらっていた陸連登録ゼッケンの人と美ジョガーに立て続けに抜かれたw

もうタイムや順位は一切気にしていなかったが、これには苦笑してしまったw。iPhoneをポケットにしまって、ガーミンを止め、両手でバンザイをしながらゆっくりとゴールゲートをくぐった

41km 6:13
42km 5:52
42.58km 2:58
正式ゴールタイム 3時間45分45秒

ゴール後、振り返ってコースと応援してくれた方々に向けて一礼。これだけはしっかりやっておきたかった

去年と同じくバレンタインのチョコをいただき、フラガールにレイをかけてもらう。写真を撮る余裕はなかったw


記録証を受け取る。タイムはともかく、レースマネージメントは成功した。自分なりにやりきった満足感はあった

先着順のカジキメンチにもしっかりありついて大満足(ガッついたので写真なし)


カミさん、息子と合流し、らら・ミュウ内のラーメン屋五鉄でさんまだしラーメンを食べた

これがハラワタにしみた。お腹いっぱいになったので、参加賞のさんまのつみれ汁は食べずに帰ることに


その前に記念撮影w

帰る前にようこさんにお会いしてお礼を言いたかったけど、結局ここでも見つけることができなかった。それだけが心残り


ゴール後は大腿四頭筋が痛くてヨチヨチ歩きになってしまったが、ハッキリとしたダメージはそれくらい


苦しかったこともゴールしてしまえば、みんな楽しかったことにすり替わってしまうレースマジックw


いわきサンシャインマラソンは本当にあたたかくて楽しい良い大会。ちょっと遠くて移動は大変だけど、また行きたい。そして今度はもうちょっとマシな走りを見せたい。そう考えながら帰路についた

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村