読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

痛くない痛くならないために

宣言通り今朝は走ってきました。ロング行きたかったけど気力の問題以上に家庭の事情により15kmだけ


例によって顎引き胸張りの意識で走る。今日はキロ6分近いゆっくりペースで走りたかったのだが、やはりある程度上げないとフォームの意識が維持できない。のでキロ5分近辺で行く


2kmくらい速めに走って、次の1kmはなるべく脱力してペースを緩める。脱力してみて肩に力が入っていることに気づいたので腕の位置を下げ、首を長くする意識で呼吸を整える。なかなか良い感じ


10kmに達したあたりで本日のフォームチェック

本人的には極端なくらい体を反らせているつもりだったのに、やっぱりまだ前に倒れている。着地位置もやや前気味だし、何より悪いのは飛び跳ねてしまっていること。酷かったので再トライ

少しマシになったかと。それにしても反れてない。まだまだ離地が早いが、これは姿勢の問題だろう


動画の反省点を踏まえて、1分半、距離にして400mほど流してみる。胸を突き出すようにして身体を振ると比較的楽に脚が動く。走りながら、今ひとつ脚が長く使えていない感があったので、骨盤の旋回で大きく動いてみる。前腿を目の前の見えない壁に押し付けながら、もう一方の脚とで腸腰筋を引っ張るようなイメージで走ってみるとぐんぐんストライドが広がるのを感じた


このとき骨盤が水平旋回だけでなく上下に動く感覚があったのだが、身体の右側面が伸びるとき、左の側面は縮む。これをテンポよく繰り返す。テンポが早いとあまり長持ちはしないが、スピード自体は確実に以前より出る


もしかしてこれが高岡尚司氏のいう「台形の動き」だろうか?


最後はもう一本400mの流しと100mの坂ダッシュで終了した

まだイメージに身体が追いついていないものの、少しずつ改善に向かっていると思う。足音は確実に小さくなった。相変わらず右膝は痛いが、走ってる最中は気にならない。目指すのは「痛くない」「痛くならない」フォームなのでこれは良い傾向と捉えることにする


もう少し、あと一歩でも理想のフォームに近付きたい。今はそれしか頭に無い

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする