カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

着地は丁寧に

金曜日は一日走るのはお休み。いわきサンシャインマラソンの頃から続いている右膝の痛みがかなり強かったのと、ここ数日出はじめた右足底側部の痛みのため。後者はたぶん腓骨周りの炎症かなんかだと思う。歩いているとひどく痛むときがある一方、走ると気にならなくなるという変な痛み方


ネットで調べると「しばらく安静にしましょう」くらいしか解消法が書いてないのでどうにもならない。走りながら、フォームの最適化で解決していきたいところ。その点、どちらも走れば気にならない程度の痛みなのは、幸いというべきか、かえって厄介というべきか( ̄へ ̄|||) ウーム


土曜はさすがに走るでしょ、ということで朝5時スタート。本日のテーマは「積極的かつソフトな着地」。きっかけはオークさんのこのブログエントリー
hashirunoha.blog.jp
脚を自然に着地させるのではなく、積極的に動かして着地させるイメージづくり。それによって着地衝撃を緩和して、走りの効率を上げようというわけ


この際、シューズのクッションに頼ってしまうと、とかく着地が雑になってしまう感覚があったので、裸足感覚のトレーニングシューズ、ミズノBeを使用することにした

雨の中、トコトコ走り出す。まずはこれまで作り上げてきたフォーム意識のおさらい。身体を弓なりに立て、胸の左右を押し出していく感じ


ここにソフトランディングを加えようとするが、最初は忍者の「抜き足差し足」のようになってぎこちない


オークさんのブログで推奨されていたスキップを適宜入れて、感覚をつかもうとするも、なかなかうまくいかず


いつもの川沿いコースを2周。ペースはキロ5分前後で上がったり下がったり。途中、メガネについた水滴で前が見えなくなるほど降られたが、フォーム確認をしていると、そんなことすら気にならないw


なんとなく掴めたようなそうでもないような感覚を繰り返しながら走り続ける。着地を気にするといつの間にか視線が落ちて猫背になっているので、そこが一番の注意点だったりする


で、本日のフォームチェック

悪くはない。改善はしてると思うが、着地はその意識の割に変わっていない。上下動もまだ少し大きいかも


ひとまず予定通り川沿い2周+アップ&ダウンジョグで18km弱

走り終えるとふくらはぎに軽い張りを感じる。攣るほどではないがその兆候はある。ふくらはぎに負担をかけないことは、このフォーム改造のメインテーマのひとつなのに、これで攣ったら本末転倒もいいところ

ランってよくわからないけど、傷つく感じがステキ(ステキじゃない)


さて次の練習は足首を使わないことがテーマかな?
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする