読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「勇者ヨシヒコ」ロケ地巡礼の旅

5月3日、仕事を終えて、秋田県湯沢市のカミさんの実家まで移動。翌朝のランニングはお休みして、連休恒例の家族小旅行に出かけた


朝から良い天気。鳥海山がとてもキレイに望める湯沢を出発

今日の目的地は山形県庄内にあるスタジオセディック庄内オープンセット。なんでこんなところに突然行こうと思い立ったかというと、ここが「勇者ヨシヒコ」シリーズの大半の撮影が行われた場所だから


自他共に認めるドラクエファンの息子は、そのパロディ作品である「勇者ヨシヒコ」シリーズも大好き。テレ東は映らないので本放送は見ていないのだが、Amazonプライムビデオでシリーズの全話をしっかり視聴。アタクシやカミさんも大いにハマって笑わせてもらった


今回の旅の目的はそのヨシヒコロケ地巡礼というわけ


途中、まさかのマラソン大会(梅の里マラソン)による渋滞につかまるwという事態もあって、3時間ほどかけて到着

かなりヨシヒコ目的の人が多いらしく、「ヨシヒコの撮影地」を大々的に押し出していた

「ヨシヒコが好きなら、まずはあの赤い建物に行くといいよ」とエントランス近くにいた武士コスプレのおじさんに教えてもらったので、さっそく行ってみた

中には「ヨシヒコ」のどの場面がどこで撮影されたのかわかる解説パネルがあった。確かにこれを最初に見ておくと良さそう

建物のすぐ近くには「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」第1話に出てきたヨシヒコ一行の墓がw

息子はヨシヒコの墓標を見るなり、何を思ったか神妙な顔つきで手を合わせていたwww

墓の横には各話に登場する村の看板が雑にw打ち付けてあった。こんなしょうもないものでもテンション上がるすとん家一行w

戦国エリアの大手門。確かこの下でドラゴンボールの天下一武闘会のパロディをやってたはず。この回のクローズZEROのパロディも笑ったなー

櫓の上には大砲が据え付けてあった。ただしハリボテw

ここはヨシヒコの旅の出発点、カボイの村の入り口として使われていたところ。というか、その後も何回も別の村の入り口として使い回されてたw

宿屋ではドラクエシリーズでおなじみのあのメロディを口ずさまずにはいられない
パララララッパッパー♪

宿場町エリアのここはそれこそもう何回も使われていたので、初めて来たような気がしないw


もちろんここで撮影された作品はヨシヒコばかりではない。息子も座頭市を気取ってみたり

本人は剣士のつもりだけど、村の子供がおもちゃの刀を振り回してるようにしか見えない

酒に溺れているつもり。こちらも理科の実験にしか見えない。やさぐれるには若すぎたw

メレブ役のムロツヨシの落書きも発見。横にちゃんと(?)ヨシヒコ役山田孝之による証明書も添付されていた

ひととおりオープンセットを見回ったあとは、羽黒山へ移動して五重塔を見てきた。この五重塔もヨシヒコに登場していたりする。しかしまあ、よくこんな山の中にこんな立派なものを作ったもんだわ

ロケ地巡りで歩き回ってクタクタ。あとは湯野浜温泉へ移動。宿泊したホテル福住の部屋からは日本海に沈む夕陽が楽しめた。つーか海に沈む夕陽見たのって初めてかも

お食事は超豪華版。写真に写ってるもののほかにアワビの酒蒸しとデザートもあってビックリ。あまりに豪華すぎて半分くらい食べてギブアップしてしまった

さて明日は日本海を見ながら、ちょっと走ってきますかな。久しぶりの旅ラン。楽しみだー
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする