読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

鈍足中年キプチョゲに学ぶ

先週の土曜日にイタリアのモンツァサーキットで行われた、ナイキのブレーキング2チャレンジ。気候、コース、ランニングギアなど最高の条件を揃えてフルマラソンの距離を2時間切って走ろうというこのプロジェクトをネット中継を通じて見守った人は多かったことと思う


かく言うアタクシもそのひとり。土曜出勤の中、PCに噛り付いて中継を見守った


結果、三人のチャレンジャーのうちリオ五輪金メダリストのエリウド・キプチョゲ選手が2時間0分25秒と、わずかに2時間切りに届かないながらも公認世界記録を2分以上上回る好タイムをマークした


記録はもちろん素晴らしいものだし、歴史に残る挑戦に興奮もしたが、それ以上にアタクシが気になったのはキプチョゲ選手をはじめ、ペースランナーも含めた一流選手たちのランニングフォーム。中継の間ずーっと、それこそ目を皿のようにして見ていた

よくあるランニングの指導に「肘を引け」というのがあるが、彼らの走りを見ていると、肘よりも胸を中心とした上体を押し出すようにしている。肘から先はあくまでコンパクトに折り畳んで、大きく振るようなことはしない

骨盤は立てて少し前傾しているが、上体はやや弓なりに起こしているのも、ほぼ全員に共通している

これは静止画でもよくわかるが、膝はほぼ常に軽く曲げた状態で、着地はとても柔らかい

つまるところ、大転子ランニングとゼロベースランニング、オークさんの指導をもとにアタクシが目指しているフォームの究極的に行き着いた先は、このキプチョゲ選手のフォームってことになる


いやもちろんレベルが違いすぎるというか、月とハナクソというか、そんな言い方すら憚られるほど低〜いレベルの話なので、キプチョゲになら2、3発殴られても許すけど、半信半疑で取り組んできたフォーム改造の方向性に改めて眩いばかりの確信が持てた!気がする。いやマジで!と思う


もちろん彼のフォームを自分の身体で再現できるなんて思っちゃいない。でも近づけよう!要はイメージだ!、、、って、そんなオレを殴ってくれキプチョゲw

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする