カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

奥州きらめきマラソンのダメージ

奥州きらめきマラソンから1日。記憶が新しいうちにすぐにでも書き始めるのがレースレポの基本のキ!だと思うのですが、炎天下を彷徨っていたせいか半分くらい記憶が飛んでしまっているので、なかなか書き出せずにいます(-。-;


昨日は本当に暑かった。東北の暑さだから大したことないだろ?と思うかもしれませんが、さにあらず。これはゴール後の写真だけど、こうですから

これは最高気温だとしても、たぶん午前8時半のスタート時点で20度は軽く超えていたし、11時までには30度くらいになってたんじゃないかと。実際レース中にも「現在32.?度」という表示を見た記憶がかすかにあるし


キツさに耐えかねて後半は1kmにつき1〜200mくらい歩いてしまったのだけど、そのせいでいつもに比べれば筋肉のダメージは軽微。ただ、今回初めて左足の裏から内側面にかけて、でっかい肉刺をつくってしまった。しかもこれがエライこと痛い(>人<;)

キチャナクて申し訳ありません
どうしてこうなった?


今回のレースでは後半のエイドでミストシャワーやかぶり水が用意されていたのだけど、あまりの暑さに耐えかねて全部利用させていただいた。いつものレースなら、シューズが濡れるのがイヤなので、こういうのは慎重に浴びるのだが、今回は構わずビショビショになる程水を浴びまくった


肉刺ができてしまったのはたぶんそれが原因。今までもクラウド(シューズ)とインジンジのソックスの組み合わせで何度もレースを走ったけれど、肉刺はもちろん黒爪になったこともない


しかし今回、シューズと中のソックスまでたっぷりと水に濡らしてしまったせいで、シューズの中で足がブレてしまったのではないか?と思われる。推測に過ぎないが、もし当たっていれば、いわて銀河100kmも同じ組み合わせで行こうと思っていたので、良い教訓になったとまで言えるのかもしれない


それはともかくこの肉刺、歩くだけでも痛くて、左だけ外側に体重をかけているような有様。筋肉痛が引けば、すぐにでも練習を再開したいが、この肉刺の痛みが引かないと、かばいながら走るせいで別のところを痛めたり、フォームが崩れそうなので、慎重に何日か様子を見ようと思っている


ついでながら筋肉の方のダメージは、レース直後は内転筋。1日経った今は大腿四頭筋に痛みがある程度。残念ながらハムストリングスの痛みは皆無w


まだ使えてなかったのかよww


いや、笑いごとじゃねえってばさ(-。-;
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする