カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

新しい練習用シューズを手に入れた!

今朝はランオフ。雨だったし、ガーミンさんのリカバリーアドバイザーが「もうちょい休め」って言うんで、ね


いわて銀河のレポを上げるのがやっとだったので書き忘れてましたが、アタクシ、新しい練習用シューズを手に入れました


今回の選定テーマは

  • 耐久性(1000kmくらい保ってほしい)
  • 適度なクッション(膝が痛いので)
  • 値段の安さ(金がない)

この3つ

手持ちのシューズでこれらの条件に合致するのは

の2つ。両方長く練習用として使い回してきた良いシューズでとても気に入っているのだが、さすがに長く履きすぎてヘタってきた


従ってこの2つのシューズの後継モデルを買うのが常道。ネットで値段、口コミの評価やサイズ感などを比較検討した結果、アディダスのMANAバウンスレーサーを購入することに

決定打になったのは値段w。Amazonのキャンペーン中で15%引き対象になっており、たったの4000円ちょいで買える、となればもう買うしかなかった


さっそく届いて記念撮影

色も良い。アディダスはデザインが良い


アディダスのシューズはは公称のワイズに対して狭い感じがすることが多く、先代のMANA7もアディダスでは3Eとされるワイドモデルを履いていたのだが、幅が広いとは感じなかった。アシックスで2Eワイズとされるライトレーサーの方がむしろ幅広に感じるほど


対して今回購入したMANAバウンスはアディダスでは2Eワイズとアナウンスされているモデル。ちょっと心配だったがとくに問題なく履くことができた。感覚的にはボストンブーストのワイドより広いくらいじゃないかと。この辺、同じメーカーでもモデル毎にサイズ感には違いがあるので、購入を検討される方は一度店頭で試し履きしてみることをオススメする


ソールはこんな感じ

フラットソールなのでクラウドと似た感覚で走れそうかな?と。MANA7はアディゼロジャパンをルーツとするイボイボソールだったが、こちらはタイル形状とでもいうような感じ。グリップ感はわからないが、耐久性は期待できそう


火曜にさっそく走ってみた

途中キロ4分相当まで上げて500mくらい流してみたが、とくにスピードを上げにくいとかの感覚はなし。非常に素直でクセのないシューズと感じた。クッションは見た目のソールの厚さほど柔らかくは感じないが、固くて強く反発するようなこともない。脚には比較的やさしいシューズだと思う


重さは、ランニングシューズとしては決して軽いとは言えない。が、練習用と割り切れば十分。むしろこの適度な重さが良いかもしれない


最初の時点では少し足の人差し指がシューズの先端に当たる感覚があったのだが、シューレースを交換してしっかり留まるようにすれば問題なし


総じて気に入った。しばらくはまたこれで元気に練習するど!

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村