カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

スピードの余裕度をつくるよ大作戦

一年に一度の大イベント100kmウルトラマラソンを終えて、10月1日の弘前・白神アップルマラソンまでレースのないアタクシ。ほぼシーズンオフの状況なのだが、だからと言って練習をサボる気はサラサラない


走る上で一番力を入れたいと思っているのはフルマラソン。しかし、アタクシのフルマラソンの記録は未だに初マラソンの2015年10月で止まったまま。以来長らく目標に掲げているサブ3.5は近づくどころか遠ざかってる感さえある


これではいかーん!!


こんなカビの生えかけた古い目標はなんとか次のレースでサクッとクリアして、その先へ進みたい。ウルトラを終えてからますますその思いは強くなってきた


そのために何をすれば良いか?


冬場はLSDを中心に地脚づくりに励んできた。スタミナに不安がないわけではないが、今年に入って3回とフルマラソンの場数も踏んできたし、夏場のロング走はしんどいばかりなので、スタミナ養成は一旦お休み


ズバリ!この夏のテーマは


スピードの余裕度を上げる

これです!


四の五のいうよりまずは実行!というわけで今朝はインターバル走に取り組んできた


設定は1km4分15秒以内で5本。間のレストは1分45秒に固定


約2kmのウォームアップの後、スタート。フォームを崩したら意味がないので、視線を高く保ち、上体主導で骨盤を連動させていくイメージで走る。疲れて多少スピードが落ちたとしても、フォームだけは崩さない


2本目の途中くらいからヤメたくてヤメたくて仕方なかったが、「100kmの苦しさに比べたら」「あの苦しさに耐えたんだからできる!」と自分に言い聞かせて走った


結果

急走区間がほぼ同タイムになっている。テンポと呼吸のリズムを合わせるように走ったせいか、見事までに揃った


設定どおり(以上?)走れて大満足。ものすごくしんどくて、終わった瞬間はへたり込みそうになったけど、へたり込みはしなかったw

夏はこのインターバル走を週一くらいで練習に取り入れようと思う


狙いはスピードの余裕度の底上げ。インターバル走を続けてベースとなるペースを上げていき、キロ4分30秒くらいが楽だと思えるようになったらしめたもの。そうなればサブ3.5達成は目の前になるはずだ


そしてこのインターバル走。終わった後の「やりきった!感」がすごい。何をしたわけでもないけど「ドヤー!」と誰かに言いたくなる気分


でもいう相手がいないからここで書いとこう


ドヤー!

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村