カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

棄教宣言

突然ですが、アタクシ「月間走行距離」を気にしておりません。それは、あくまで個人的な話ですが「月間◯キロ走った」がほとんど記録に結びついてないと思うから


かく言うアタクシにも「月間走行距離教」にどっぷりハマっていた時期がありました。月間300kmを続ければサブ3.5には自然に達する。そんなふうに考えていた時期がありました(遠い目)


その頃、例えばその月の10日の時点で走行距離が100kmにちょっと届かないくらいの場合

「次回13km走れば300kmペースに乗るな」
とか
「日曜に30km走れば2日分貯金ができるな」
とか
「でも今月は31日まであるから1日余裕があるな」
とか考えてました


、、、、はっきり言って、これって不毛ですよね(ハゲとちがうで)


結果としての月間走行距離を参考として記録しておくのは良いと思うのだけど、それが目的あるいは目標になっちゃいがちなのが、この月間走行距離信仰の困ったところ。カロリー消費が目的ならそれでもいいけど、マラソンの記録を伸ばすことが目的なら、問われるのはやっぱり練習の内容だと思う


毎日10kmジョグで月間300kmの人と、週に一度30kmレースペース走をして月間150kmの人を比べたら、ことマラソンに関しては後者の方が良い結果を残す可能性が高いと思うんですよね( ̄へ ̄|||) ウーム


「マラソンで結果を出すには走り込みが必要」それは正論。でもそれも「月に◯キロ走る」ことが目的なのではなくて、あくまでレースで望む結果を出すための過程で必要とされる練習に過ぎず、積み上がった走行距離はただの数字


今ではそう考えております

と、まあそんなどうでもいいことをクドクド書いているのは、早い話が今朝サボっちゃってネタが無かったからなんですけどねww

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村