カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

もうそろそろ限界

朝目覚める。起き上がろうとして足裏を床に着いた瞬間から右カカト後ろにズキっという痛みが走る。それでもまあいつものことなので、傍のタンスに手をかけてなんとか立ち上がる


足を引きずって準備をし、外へ出る。アパートの階段を下りるのがつらい。こんな状態で本当に走れるのか?と自問してしまうが、走れるんだから仕方がない


今日の痛みは格別ひどい。走り出しても一歩一歩が痛くて小股でヒョコヒョコとしか進めない。最初の1kmに8分もかかってしまった。LSDのつもりもないのに


それでも2kmほどゆるゆると走るうちに少しずつ痛みが引いて行く。本当に引いているのか、ただ麻痺しただけなのかはわからないが走れそうになってきた


150mほど流してみる。行ける。ジョグ1kmの間に2回150mの流しを入れてつないでみた。流しは合計10本。息は切れたし脚も重くなったが、速く走るのは気持ちが良かった

短めに朝ランを終えて帰宅。シャワーの水でカカト後ろを冷やしたが、その段階で痛みが戻ってくる


靴下を脱ぐのも、靴を履くのも苦行に思えるほどの痛さ


息子と一緒にバス停まで歩いたが、痛くてうまく歩けず、小3の息子に置いていかれそうになった


結局この痛みは一日中続いて、布団に横になった今もまだ少し痛い。痛いのは今日に始まったことではないが、ここまでヒドイのは今までなかった。椅子に座っている時まで痛んだのは初めてだし、会社帰りにバス停から家まで歩いただけで痛みのせいでひどい脂汗をかいてしまった


これはマズイ。多少の痛みにはこれまでだいたい耐えてきたけど、日常生活にまで支障をきたしはじめたら、さすがに放って置くわけにはいかない。限界だ


明日は今年最初の夏休みをとった。本当は10月のアップルマラソンへ向けてロング走を入れておきたかったのだが、まずは痛みなく走れるようにすることが先決。鍼灸院で診てもらってこようと思う

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村