カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の46歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

あっぴリレーマラソン撃沈

昨日のあっぴリレーマラソン。2kmのコースをかなーり本気のテイで4周した結果、本日えっらい筋肉痛。フル走った翌日並みにハムと尻が張ってる。まあ張ってるのは全部後ろ側なので走り方的には良かったのかもしれないが、たった8kmしか走ってないのに翌日こんな筋肉痛になったのは初めて。少々情けない。鍛錬の不足を痛感(筋肉痛だけに)


今年で3回目の参加となったあっぴリレーマラソン。毎年会社のチームで参加しているのだが、今年の参加者は新入社員4人を含む25人と過去最多レベル、3チーム編成となった


心配された台風も東方へ去り、当日の天気はほぼ快晴。風は強いながらも暑くもなく寒くもない、絶好のランニング日和となった

アタクシはその中の1チームのリーダーに指名されたのだが、当日集合場所へ行くと、なぜか既に第1走者に決定していた(-。-;第一走者は1人だけ195m余計に走らなきゃいけないんですが、これってなんの罰ゲームですか?ま、まあ良いんだけど、リーダー権限はどこへ?


ちなみにアタクシ以外のチームの第一走者は二人とも新入社員。謀られたガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


我が社のルーキー2人はスタート位置の最前列に陣取って気合十分。アタクシはと言うと、モタモタしているうちに最後方に押しやられてしまったw


午前10時一斉にスタート。といってもアタクシは最後方なのでゆっくり。さすがにゆっくりすぎるのはマズイのでスタートラインをまたぐとともにコース左端に寄って前方のランナーの脇をすり抜けるように抜いていった


アタクシが前のランナーを抜くのに四苦八苦している間に、我が社の新人君のひとりO君(元甲子園球児で大谷翔平のチームメイト)はスタートと同時にダッシュを決め、スタートからの数百メートルをダントツトップで駆け抜け、テレビに映りまくるという目標を達成していたらしいw


そんなことはまったく知らなかったが、一応前方の会社の新人君たちに追いつくべく、アタクシもスピードアップ。下り坂に入っても骨盤前傾を保ち、ピッチを上げていくとペースはキロ3分20秒台


スピードに乗って走っていたら、肩にかけてあったタスキが不意にスルスルと落ちてきた。咄嗟にタスキを右手で掴んで引っ張ると、タスキの結び目が外れて片側の端がぶら下がっている。ちょっと動揺したが走りながらタスキを肩にかけ直し、ひとまず両端を右手に握ってそのまま走ることに


折り返して登りに入るとすぐに息が切れ出す。心拍数は170を超えてレッドゾーン。苦しくてゼエゼエと呼吸音が漏れる


それでも、長くてもせいぜい500m程度の上り。息を深くついて気合いを入れ直し、拇指球を踏みしめるようにして上りきり、必死で身体を振りながら次走者への引き継ぎゾーンへ


ここで走りながらタスキを結び直し、ルーキーS君につないだ。かなりあわてて結び直したのでこの間のペースはガタ落ち。とは言え、結果的に会社の3チームでは1番に第2走者につなぐことができたので一応の責任は果たせたか


タイムは8分38秒。2.2kmの記録なので平均キロ4分は切れているが、後半の上りでかつてないほど足が上がらなくなった


以降の自分のタイムはこんな感じ
8分1秒
8分20秒
8分45秒
最後はアンカーでチームメイト全員を待って一緒にゴールしたためあまり参考にならないが、それにしても遅い。しかも右肩下がり。ダサい。ダサすぎる


会社の参加者全体でもルーキー2人に遅れをとってしまった


「若さ=速さ」ではあるので、彼らに負けたのはある程度仕方ない。しかし自分のベストを出して負けたわけではない、というところが悔しい。夏の走り込み不足が露呈してしまった格好。もっとしっかり練習せねば


最終のレース結果はアタクシのチームが会社の中のトップでゴール

記録は3時間18分17秒。飛び抜けて速い人はいなかったが、23歳から60歳までの7人それぞれがベストを尽くして繋いだことでなかなかの好タイムを叩き出すことができた


自分としては不本意な走りしかできなかったが、普段一人でしか走ってないアタクシにとって、リレーマラソンという団体競技はやはり新鮮な楽しみがある。会社の若いメンバーだけでなく、他チームの子供達の力強い走りにも大いに刺激をもらった


来年も参加して、今度こそもう少しマシな走りをしたい。終わった直後から早くもそんなことを考えてしまったりしている

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村