カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の46歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

ハーフを走ってフルが果てしなく思えてきた話

本日は遅れてやってきた夏休み。朝、息子を学校に送り出し、家に戻った後の9時過ぎに走りに出た


今日の練習テーマは太陽の下で20km以上走ること


次レースの弘前・白神アップルマラソンまでは残り1ヶ月を切ったというのに、肉離れやカカト後ろの痛みもあってロクに練習が詰めていない。そろそろ距離走をしたいところだが、30km走は負荷が大きいのでせいぜいできてもあと1回。ならば代わりに20kmくらいの距離走を積み重ねて、42kmの心理的距離感を少しでも縮めておこうというハラ


涼しい風が吹く中をスタート。すっかり秋らしくなって走りやすい、、、と思ったのは最初の10分くらいだけ。陽が高くなるにつれてジリジリと気温が上がり、身体のあちこちから汗が噴き出す。たちまち喉が渇いて足の運びも鈍くなってきた


10km近くまで走ったところで辛抱たまらずコンビニへ飛び込み給水

給水後少しペースアップしてみたが、保ったのは3kmくらい。その後、草地での短い流しを10本ほど入れてみたらすっかりバテバテになってしまった


最後は給水しても調子は戻らず。しんどさのあまり、ときどき歩きを入れながら、やっとのことでハーフの距離に到達。ここでキリよく終了とした

なんとか体裁は繕ったものの、時計を止めながらのインチキハーフ走。ペースも距離も中途半端なのに、終わって思ったのは、とにかくしんどかったの一言


42kmの心理的距離感を縮めるつもりが、逆効果になってしまったかも(;´Д`A フルってこの倍でしょ?果てしないよー

やばいよ。やばいよー

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村