カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の46歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

疲労抜きジョグに効果あり

今朝は予告通り、疲労抜きジョグをしてきた。といっても今までも「疲労抜き」の名目で緩ジョグをしたことは何度もあるのだが、今回は正真正銘、Takeさんの理論に基づいてペース等設定した


まずペースは「1km全力の倍以上」。アタクシは死ぬ気で走ると3分30秒くらいで1km走れるので、その倍の7分が目安になるのだが、もう少し余裕を見て7分30秒、その近辺ならOKということにした


疲労抜きジョグといえども、フォームを崩してダラダラ走ってしまっては、タダ遅い走りを覚えこませるだけになってしまうのでフォームはなるべく保つことを意識。具体的には肩の力を抜いて、着地は重心真下、目線を落として骨盤が後傾しないよう、背筋を伸ばして胸を張って。。こんなところ


そしてここが重要ポイント!ピッチを落としすぎない。だいたいキロ5分で走った時のピッチは180なので、この疲労抜きジョグでは170前後になるよう務めた


キロ7分半とすると、1時間で走れる距離は8km。なので、4kmに達したらUターンして帰る計画


いつもは脚の痛みに慣れるまでのアップに使っている北上川へ向かう道も、キロ7分半だと思うと気が楽になって最初からキッカリペースをキープ


結果ドン!


最後乱れたのはトイレに行きたくなってまったから(;´Д`A汗をあまり書かなかったせいもあるけど、やっぱり腸がゆれんだね


終わってみると「疲労抜き」の意味が少しわかった気がする。実際脚はここ2週間くらいで一番軽い。これは多分効果あり


レースまであと2週間というタイミングで、良い練習をみつけた。これなら続けるのは良いと思うし、当日ベストパフォーマンスを出すために積極的に休もうと思う

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村