カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソンふりかえり その3

終盤戦〜ゴール

最後の折り返しを終え、あとはひたすらゴールまで戻るだけ。TOMSAIさんと最後のエール交換をし、給水所ではカフェイン入りのマグオンレモン味を摂って気合いを入れ直す


まだ攣る兆候は無かったが、35kmに近づくとさすがに疲れてきた。普通に前半と同じような調子で走っていると、ズルズルペースが落ちていく


35km到達とほぼ同時くらいに右の腿の付け根付近がブルブルっと震える。キタキタきましたよ、ついに攣りの兆候が


ここで無理をして完全に攣ってしまうとレースにならなくなるのは経験済み。かと言って立ち止まると筋肉がさらに硬直してしまう可能性が高い。こういうときは少しペースを落として、使う筋肉を変える。今回は後ろの筋肉に来たので、ストライドを狭め、前の腸腰筋を使ってチョコチョコ走って様子見。しばらくこれで我慢していると、痙攣がおさまった

2本続きのトンネルを過ぎ、ダムの管理事務所の建物が見えてくれば残りはもうわずか。痙攣によるロスタイムは最小限に抑えたし、多少筋肉や関節に痛みはあるがもうゴールまでは保つ、、、はず!

ダムの駐車場では最後の給水。ここでもしっかり歩いて2杯

JALの幟旗が立つエイドでは何も摂らなかったが、長時間のサポートに「ありがとう」だけは言えた

フラットなダムの堤体を走るのもこれが最後。痙攣は完全におさまった。スピードは上がらないけど、とにかくゴールまで走りきろうと決める

さっき入った簡易トイレの先を左に曲がれば最後の下り坂。スピードを上げても脚は保つか?多分大丈夫。大腿四頭筋はまだ生きている


コーナーの手前の看板はなんだろう?と思って眼を凝らして見たら、「熊、出没注意」の看板だった(ノ∀`)

下り坂の前半で2人のランナーをパス。呼吸が苦しくなって一度スピードを緩めそうになったが、もうすぐゴールなんだから一気に行かんかい!と自分に気合を入れてピッチを上げ、数十メートル先の女性ランナーを追いかけた

坂の終わりで前を行く女性ランナーの背後に追いつき、このまま一気に追い抜くつもりでピッチを保ちながらゴールへ向かって左にぐるりとターン。遠心力で身体が右に傾いたと思うが早いか、左のハムストリングがブルルッと震える。あかーん!

スピードを緩め、そのまま前の女性に続いてゴールへ。タイムは3時間50分は超えているが、自分なりに頑張った。納得できていたので両手を軽く上げてゴールテープを切った

本人的にはさほどペース落ちてないつもりだったけど、きっちり落ちてるなあ(-。-;

ゴール後

バスタオルとスポーツドリンクのペットボトルを受け取り、記録証をもらう


まあ、こんなもんかー。せめて50分切りたかったな。でも仕方ないか


準備不足もコンディション不良も最初から織り込み済みだったので、結果には悔しさより納得の思い


さっそくブログに速報をアップ。これはブロガーの義務(`・ω・́)ゝ

息子、カミさんと合流し、荷物を受け取って着替え。着替え場所はバスまで行くのが面倒だったので荷物預けの隣りの簡易テント。ところがこのテント内、地面がむき出し。シューズを脱いで足をついてみると、地面はしっとりと濡れている。これでは地べたに座るわけにもいかない。仕方ないので、シューズのアッパーを踏んづけ、立ったまま着替える羽目になってしまった(-"-)ブルーシート一枚あればそれでいいのに、これは残念ポイント


着替えを終えてテントを出ると、まもなくシャトルバスの発車時間ということだったので乗り場へ向かう。カミさんと息子を追って歩き出したところで、TOMSAIさんにお声がけいただき、ちょびさん、ブタロウさんのはてブロランナーの皆さんと初顔合わせ。いや、正確にはスライドで顔を合わせてるのだけど、こちらが認識できていなかっただけ


このときは簡単な挨拶しかできなかったが、後でブログの報告を読むと、ちょびさんはサブ3.15、ブタロウさんはサブ3.5、TOMSAIさんはサブ4で、なんと全員それぞれベストタイムを更新されていた


すごい!すごすぎる。そして若い!輝いている。まぶしい!まぶしいぞはてブランナーズ


、、、おっさんは(また)ダメでした(´・ω・`)ショボーン


後ろ髪を引かれながら皆さんと別れ、シャトルバスに揺られて飯坂温泉駅へ。どうしてももう一度温泉に入っておきたかったので、駅ほど近くの共同浴場「波来湯」へ。湯温42度と45度の二つの浴槽のうち、アタクシは迷わず45度の方へ。やはり身体が冷えていたのか、熱い湯で芯まで温まるとかなり元気が戻ってきた

書くのを忘れていたが、ゴール後の抽選で柿一箱が当たった。持って帰るのはしんどかったけど、こういうのはうれしい

帰宅後、あらためて今回の結果を完走証で確認。いくらコースがキツかったとはいえビミョー。頑張ったけどなー。頑張ったつもりなんだけどなー。なんっかモヤモヤするなー。このモヤモヤの正体はなんだろう?

、、、、って、ん?

こ、こ、こ、これはーッ!!

おーい!間違ってるよー

ヽ(・ω・)/ズコー こ、これもいい思い出に

なるかーい!!

湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソンふりかえり、おしまい

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村