カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

春の佐倉で今更ながらに思ったこと

本来なら記憶が新しいうちに佐倉のレースレポに入るのがランナーズブログ的に正しい流れなのですが、今回自分の走りについてかなり思うところアリアリだったので、まずは反省と今後について


今回のレース。今までならどんなにひどくても、普通に走ればなんとか4時間以内ではゴールできたのですが、その自信は完膚無きまでに打ち砕かれました_| ̄|○


ホントにダメだった。ゆっくり目にスタートしたにも関わらず25kmくらいでスネに攣りの兆候が出始めて以降、筋肉がまったく思うように動いてくれなくなり、その後脚筋のあちこちが次々と痙攣を引き起こしたため、完全にダメにならないように段階的にペースを落とし、最終的にはほぼ歩きくらいのペースまで落として、なんとかゴールにはたどり着いたという格好。ホント辛かった。無論、辛いのは自分だけじゃないけど


残念ながら自分はどんどん遅くなっている。それを痛感した。故障だとか肝硬変だとか北国の不利だとか、いろいろ言い訳したい部分はあるけど、それを差っ引いても走力を伸ばす練習から逃げた結果だと思う


「今回は練習が詰めてない」これは自分に対する言い訳だった。そう言うことで予防線を張っていた。だからタイムが悪くても仕方ない、と思ってるはずだった。でも、レースを終えた今思うことは「悔しい」の一語


速くなりたい。せめてベスト=初マラソンのレベルまで戻したい。それは強く思った。どこからくる欲求なのかはイマイチわからないけど


もう一度きちんと走力を上げる練習に取り組みたい。まず考えてるのが坂。岩山練を雪解けと共に再開しようと思う。ひたすらに坂を走って、上りにも下りにも強い脚を作り上げたい。幸い自宅の近所にそのための環境は整っている


やろう。やる。ただし、筋肉痛がおさまったらw


眠い。おやすみなさい

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村