カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

岩手顔マラソン走って、、、歩いてきた

5月3日は全国一斉顔マラソンの日。と言っても何のことやらよくわからんと思いますが、そんな方はこちらをどうぞ

そんなわけで、どんなわけかはまあいいとして行ってきました岩手顔マラソン


当日は夜のうちからあいにくの雨。集合場所の盛岡駅西口へ行くと参加人数はアタクシ含めて3人(^◇^;)スタート時間を遅らせてもこれ以上人数は増えそうになかったのでほぼ予定通り午前9時ちょい過ぎにスタート

今日はとにかくゆっくり、ということでペースはごく緩々

序盤、雨は結構強くて、雫石川もえらいこと増水していた

キロ7分くらいでテクテクと。コースの目印になる胸像を撮影。何者なのかは不明w

岩手顔マラソン中、最も発見の難しいコースはたぶんここ。思いっきりあぜ道

10kmを過ぎたあたりから、めいめいが腰やら足やらに痛みを訴え出して歩きの頻度が増えてきた

よってリンゴの花もゆっくり止まって撮影w

中間点で3時間w。歩きの頻度が高いというか、このあたりからはほぼ歩き

ランニング集団からウォーキング集団へとトランスフォームし、公式エイドの横澤餅店へイン

くるみしょうゆで味付けしたお茶餅は美味。甘くないのがむしろ良い

横澤餅店のおばちゃんに「来年も来てね」という温かい言葉をいただいて、ほっこりしながら店を出た


この「子どもはちいきの宝もの」の看板は2度目印として活用する重要ポイント

北上川を渡る頃には雨も上がり、ここからは終盤戦

もうほぼずっと歩いているので1kmに10分以上かかってしまっていたが、ランニングから登山、自転車、クルマ、家族などなど話は尽きないので退屈することはない。ひとりじゃないってーすてきなことっねー♪(古ッ)


大慈寺町に入り、元首相原敬墓所脇を通る

そこからすぐのところにある盛岡を代表する酒造メーカー・あさ開へイン

トイレを借り、酒造りに使われる美味しい水、甘酒などを試飲した後、2度目のエイド食をば

全然アイシングの必要性を感じない気温だったけどソフトクリームで乾杯。麹の香りがプンと漂う美味しいソフトでした

コースは盛岡の中心街へ。中津川沿いの細道、東北電力の裏側にあったサケのオブジェ

盛岡の文化財のひとつ紺屋町の番屋を横目に見つつ35kmを通過

桜もすっかり散ってしまった不来方城址の横を抜けてひたすらゴールを目指して走、、、もとい歩いた

40kmを過ぎていよいよ最終盤。路地へと入る目印になっている二宮金次郎。コースを作成した方はこういう目印を実地ではなくGoogleストリートビューで見つけてるんだそう。すごいね

材木町から夕顔瀬橋に至る道脇にはカッパの石像

夕顔瀬橋からは晴れていると正面に岩手山北上川がワンショットできれいにおさまる写真が撮れるのだが、この日は雨こそ上がったもののあいにくの悪天候。増水した北上川の濁流を撮って、この日の記録とする(`・ω・́)ゝ

最後は駅前を北上川に沿って横切り、駅東から西口側へとまわりこんでゴール。フィニッシュタイムはほぼ8時間w

全軌跡はこんな感じ

最初からこうなるとはわかっていても、実際に出来上がってみるとなかなかに壮観


最後は3人で柳家のラーメンを食べて終了。腹が減っていたので普通サイズを食べたけど、小サイズでも十分だったなー。反省

そんなこんなでアタクシにとって二度目の顔マラソンは無事終了


ランの練習には正直ならなかったけど、ひとりぼっちじゃないランニング(ウォーキング)は楽しかった。お付き合いいただいたお二人はもちろん、一日中遊ばせてくれたカミさんと息子に感謝


さあ翌日(今日)からは家族サービスですよー

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村