カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

プチ故障で停滞中

それは先週のこと


土曜日の朝に今週2回目の岩山ロードワーク。いつもの標高差200m、往復10kmのコースをなるべく全力で走るやつ。この日は珍しく脚に痛みもなく、上り5kmを27分45秒でクリアして間髪入れずに下りへ。途中まではまずまず調子よく走っていたのだけど、最後の2kmは腿がダル重くて思ったほどスピードに乗れなかった

まあそれでも少しずつ調子が戻ってきている手応えはあったので満足。家に帰ってシャワーを浴び、朝食を食べて立ち上がった瞬間、異変に気がついた

腰、というか右の臀部の上方に鋭い痛みが走る。瞬間的なやつかと思ったら、歩く一歩ごとに痛い。歩くことはできるが、ときどき体重のかかり方によってか思わず呼吸が乱れるほどの痛み。ただ走って少し休んでただけなのになんでこんなところがこんなに痛むのか意味がわからない


この日は痛む腰を無理やり動かして出勤。階段の上り下りや荷物運びもあったので結構辛かったが、動かし続けたのが逆に良かったのか夕方頃にはだいぶ痛みが引いてきた


明けて日曜朝は本来ならポイント練習日。しかし前日痛めた腰のあたりにまだ違和感があったので大事をとって緩ジョグすることに決める


ゆるゆるとフラットなコースを走り、河川敷のやわらかい草地へと向かった


着地衝撃の軽い草地でフォームづくりのための流しを入れてみる。150mほどの直線を何度も往復して気持ちよく流していたら、左足を着いた場所が急にくぼみ落ちてバランスを崩してしまった。地面は草地なのでここは無理をせず倒れてしまえ、と思い、それでも膝を地面に打ち付けたくはなかったので身体を左に捻って横受け身を取りながら転けた


腕と肩のあたりを地面に打ち付けたものの外傷はなく、我ながらうまいこと転べたと思いながら立ち上がる、と左膝に少し痛みが。どうやら膝を捻ったっぽい


それでも軽傷だろうと思って走り出してみたら、左膝を軽く曲げるたびに激痛が走る。これは無理!走れないと判断して時計を止め、トボトボと歩いて家まで帰った。歩く分にはそこまで痛くないのが救いと言えば救い

そんなわけで現在ダブルプチ故障で走れず。とくに膝の方は自転車漕いでも痛いので結構致命的。腰は良化してきてはいるものの、いやなハリがあるので完全に治るまで無理はしたくない感じ


それにしても故障を避けるために走行距離を減らして質にこだわってきたのに、まさかの通常トレーニングでの連続トラブルにはちょっとガッカリ。涼しくなってきてそろそろ走り込みたい時期だけに余計精神的ダメージがでかい


とは言え故障を押して走って長引かせるのが一番マズイというのは、これまでのアタクシの教訓。ここはしっかり治して10月にキッチリ練習を積めるようにしようと思う

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村