カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

2018宮古サーモンハーフマラソン振り返り

気がついたらあさってはつくばマラソン。時が経つのが早すぎる(-。-;


つくばの走り方も書いておきたかったけど、大したプランはないので、その前に完全に賞味期限切れの宮古サーモンハーフ振り返り


今年は一人で参加。朝4時起きで宮古へ向かい、毎年利用している山口小学校の特設駐車場に到着したのは6時半。さすがにこの時間だとまだガラガラ。それでも午前7時前後には続々と車が入ってきて7時半頃にはほぼ一杯となっていたので、自家用車で来る方は要注意

受付を済ませ、トイレへ行き、ゼッケンをシャツに着けたらあとはやることがなくなったので車の中で二度寝を決め込んだ


スタート20分前に起きてそのまま列に並ぶ。今回もまったく自信がないので慎ましく1時間45分のプラカードの後ろに並んだ

前の方に「激沈上等」Tシャツの人発見。思わず撮影。たぶん去年と同じ人だろうと思ってゴール後に声をかけたらやっぱりそうだった

スタート時の気温はたぶん5度くらい。それでも陽が当たって風も無いので寒さは感じなかった


9時40分スタート。今年はちゃんとスタート1分前、30秒前のコールもあったのでわかりやすかった

宮古の商店街はなるべく応援にお礼で応えながら行く。キロ5分でオーケー、と思いながら走っていたが、最初の1kmのラップは4分50秒。やはりレースになるとどうしても突っ込みがち

橋を二つ越えて住宅街方面へ。軽く走ることを心がけながら行っているつもりだったのだが、早くも余裕がない。まだ2km。不安が頭をよぎる

太陽がどんどん高くなって日差しが強くなってきたので、水分補給はしっかりと。全部の給水所でむせないように歩いて摂った

いつものおばあちゃんたちの応援ポイント。手を挙げて「毎年どうもありがとうございます!」と声をかけながら写真撮影

踏切手前あたりで向かい風が吹いてきた。大した風ではなかったが、妙にキツく感じる。こんな前半でこれではダメ

8kmも行かないうちにトップとすれ違い。iPhoneのカメラの起ち上がりが遅すぎて全然撮れてなかった(-。-;

太鼓応援ポイント通過。基本アタクシではない人が応援されているのがよくわかる一枚w

第一折り返し前の二段坂が去年よりもキツイ。それでも上りは基本好きなのでかなり追い抜ける。まあ、結局下りで抜き返されるわけですが

折り返し地点にあった時計のタイムは確か44分くらい。去年より遅いのはもう明らか。第二折り返しへ向かうほぼフラットな道でさらにタレてきたのが自分でもわかって焦る。が、焦っても仕方ないし、今回はハナからキロ5分切ればオーケーと決めてきたのだから、それが保てているうちは良しとする

第二折り返しへと続くダラダラした上りが地味にキツイのは去年と一緒。落ち葉が多くて滑るのが怖い

去年はものすごく遠く感じた第二折り返し。しかしその経験があったせいか、今回はあまり遠く感じなかった

第二折り返し到達。ここから下りなので少し気合いを入れ直す

少しペースアップしてみたが、やっぱり身体がキツくてすぐまたペースダウン。脚が重くて歩きたくなるが、子供の応援の前でトボトボ歩くわけにもいかないので遅いながらも走る

おばあちゃんたちに二度目のお礼を言うが、疲れてちゃんと声が出てなかったかも

残り5kmを切っていよいよ脚が売り切れ。筋肉のダル重さを感じながら走り続ける。つらい。給水所が待ち遠しい

疲れても商店街の大漁旗はしっかり撮影。いい天気ですこと

ゴールゲートが見えてようやく安心。第二折り返し以降疲れてさっぱりタイムのことに頭が回らなくなっていたが、ここでハタと気付いて時計を見やる、が表示が心拍数w

ゴールゲート脇の時計を見ると1時間39分を少し過ぎたところ。どうやら100分には間に合った模様。喜べるタイムではないが、最低ラインはクリアかな?という感じ

大会スタッフに頭を下げ、両手を挙げてゴールした

ゴールしてコースに振り返って一礼。疲れたが心肺は問題なし。が、ハムストリングがダル重くて仕方なかった

タイムペースは以下の通り


単純にペースがキープできなかった。1km5分を上回ったあたりはいずれも上り。でもそれも言い訳にしかならない。力の無さと練習不足を痛感した


レース後はお楽しみのお食事タイム。まずはサンマの塩焼き。脂が乗ってメチャクチャ美味い

鮭汁はアタクシの順番のところで鮭が切れてしまったので鮭なしのネギ汁になってしまった。給仕のおばちゃんは「もう一回絶対取りに来てね」と言ってくれたけど、アタクシはネギ汁でも十分満足

さらに鮭ごはん。美味くないわけがない

充実のおふるまいを堪能してすっかり満腹。せっかく宮古に来たので本当はラーメンも食べたかったけど、さすがにもう胃に入りそうもなかったので、例年通り旭湯さんの湯に浸かったあとすぐに帰路についた

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村