カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

第三回いわて奥州きらめきマラソンふりかえり その2

中間点を過ぎて、レースは後半戦へ。ここまでは辛うじてサブ4ペースを維持できたが、この辺りからズルズルとペースが落ち始める

23km付近のエイドには水のほかきゅうりが提供されていたのだけど、食べた記憶がない。もう既にそういうことを考える余裕がなかった。ペースは1km6分近くまで落ちてきていた

コースは旧水沢方面へと向かう。北上川にかかる桜木橋の上りはこのコースで一番の上りだと思うが、特段ツライとか感じた記憶がない。たぶんもう膝が痛いとか息が苦しいとかのツラさのせいで、上り勾配うんぬんはどうでもよくなっていたのだと思う

写真の水平が取れてない時点でお察し

なんかよくわからなかったけどとりあえず撮ったキャラ。後で写真見返したらパチンコのマルハンのキャラクターだった

27〜30kmくらいまでの直線道は飲食店や量販店などが並ぶ水沢のある意味メインストリート。当然応援も多いのでここで無様な走りは見せられない。と思いつつも全然ペースは上がらず、それでも走るポーズだけは崩さずに通過

もうただ脚を動かしてるだけのヘロヘロ状態になりながら前へ進んでいたら、30km手前くらいで白雪姫に抜かれた。姫!そんなに急いでどこへ?(答え:ゴール)

次のエイド。もう何キロ来たんだかもわからない。私設だったのかな?おっちゃんが目の前にプラコップを差し出しながら「そうめん食べてって」と言う。「そうめん?」と思ったが、そろそろ甘いものにも飽きてきたところ、ミネラル補給にもなるので一気に流し込んだ。な、なまらうめえええ!(なぜか北海道弁

31.5kmの産直来夢くんのエイド手前。遅いながらもこのあたりはまだ脚が動いている。応援に応えつつエイドへ

地元真城の太鼓のみなさんにiPhoneを向けるとしっかりポーズをとって応えてくれた。楽しんでますなー

来夢くんの大型エイドを過ぎてここからはひたすら田んぼの間の農道が続く。 向かい風がどんどん強くなって帽子が飛ばされそうになる。目深に被り直そうと頭に手を伸ばした瞬間、右足の指が上に反り返って同時にスネに痛みが走る


キタ!攣った!と思うが早いか右のハムストリングもブルブルッという攣りの兆候が現れる。これはマズイ


思わず立ち止まりそうになるが、経験上完全に止まるとかえって痙攣がヒドくなるのでここは歩きに切り替えて回復を待つことに

歩いてエイドに到達。何キロだかは忘れたが、ここで初めてのコーラ登場キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!甘い炭酸水がものすごく美味く感じる。マグオンの顆粒も摂ったし、これなら回復できるかも

右の足指が元に戻ったのでランニング再開。。。ほんの数百メートルで今度は両ハムストリングに強い攣り。とくに右足のヒザ裏、大腿二頭筋の付け根のスジんところがむちゃくちゃ痛い。こりゃあかんということで再度歩きに切り替え。歩きながらコース沿いのTシャツ応援旗(?)を撮影

歩き始めたものの今度は歩くのすらツライ痛み。ゆっくり動かしているのに下腿のあちこちがビクビクいったまま収まらない。なるべく速歩きしたいのだが、ピッチを上げるだけで猛烈に攣りそうで怖い。風は相変わらず正面から強く吹き付けていたが、それすら気にならない

35kmくらいのところにあった謎のプチ折り返し。駆け抜けたかったが、ゆっくり歩いてコーンにタッチしながら通過。応援にもニガ笑いで応えることしかできない

プチ折り返しを過ぎてもなかなか脚が回復してくれない。心拍数が120くらいまで落ちて、暑さを感じなくなってきた


もう完全にタイムは諦め。カミさんにゴール時間が遅くなることを電話で伝え、さらに1kmほど歩いていたら、少しずつ脚の痛みが引いてきた


今日はとにかく完走。遅くてもなんでもゴールまで行こう。と覚悟を決め、ゆっくりゆっくり走り出した

走り出してみたら、案外走れる。キロ8分から7分、6分30秒、6分15秒と自重しながらも少しずつペースを上げていった


台湾への感謝の気持ち。忘れちゃいけないね

やっと帰ってきました鉄人さんちの仮装エイド。はいアタクシ、ボーッと走ってました。いや、歩いてました

脚はあちこち軽く攣ったまま。それでも騙し騙し走れるのは攣り職人熟練の技。水分チャージでなんとか繋ぐ

それにしても風が強かった。コース脇に立てられた旗が吹っ飛んでいきそうなほど。それも向かい風ばかりだったものだから思わず何度か大声で悪態ついたもの。風に向かってw


まあアタクシの結果にはなんも関係なかったけど、記録狙った人にはキツかったろうな

猫も応援してますた

遅いながらもボテボテ走って40km到着。脚は痛いけど痛いだけなら大丈夫。向こうに見える大曲橋の手前を右折したら後は下り&フラット。完走のメドが立って少し安堵

ゴールゲートが見えてきた。目標ができたことで元気を取り戻したのはどうやら自分だけではなさそう

と、道の左から「あ、きた!」の声。見るとカミさんと息子。二人はそのままアタクシの横を駆け出す。すかさず撮影。直後にカミさんは脱落w

ゴールまであと少し。ずーっとランナーを出迎え続けていたと思しき応援の方々に「ありがとうございまーす」と手を振りながらえっちらおっちら進んだ

ゴールゲート近くはさすがに人がいっぱい。タイムはけちょんけちょんだったけど、もうそんなことはどうでもいい。温かい出迎えがとにかくうれしい

最後の一枚は立ち止まってしっかり撮った。そしてこのまま両手を上げながらゴール

疲れた。サイコーに疲れたけど、最後まで走り切れたことに感謝(歩いたけど)。コースに感謝。このレースを作って盛り上げてくれた皆さんに感謝


途中「なんでわざわざこんなシンドイことやってんだろ?」と思ったけど、結局ゴールしちゃうとこうなるんだよな。マラソンって。ゴールタイムはネットでだいたい下の写真の通り。ほぼワースト。でも、んなこたあどうでもいいんだよ!

生まれ故郷の大会が素晴らしい大会に育ってることがうれしかった。振る舞いの豚汁を頬張って、しばらく草っ原で呆けていたかったが、息子が「帰ろう」というので早々に実家へと戻った

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村