カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

またやってもうた

奥州きらめきマラソンから6日。先週の土曜日は息子の運動会


脚が速い方では無いので企画レースの方に期待していたのだが、こちらは運にも恵まれず残念ながらドンケツ(-。-;


しかし今年の息子は違った。徒競走でがんばった

見よ!このロケットスタートの躍動感!

コーナーワークも悪くない

最後の直線で抜かれたケド(ノ∀`)

見事に2位獲得!五年目にして過去最高成績ゲト


それなりに頑張る息子の姿を別角度からも撮影しようと場所を移動


グラウンドはレジャーシートが敷き詰められ、どこを通るのも大変。面倒くさいので一旦敷地外に出てグラウンドの反対側に行くことに。エイヤっと学校の壁を飛び越えて着地したら、右足のカカトに強い衝撃。一瞬うずくまりそうになったが、しびれただけだろうと思って一歩踏み出したら


痛ってえええ!

右足がまともに地面につけないほど痛い。といって歩かないわけにもいかないのでひたすら我慢して歩く


折れてんじゃねーか?と思うくらい痛かったが、折れてたらたぶん立てないのでさすがに折れてはいないはず。運動会は楽しかったが、立ってるとついついしかめっ面になってしまって息子に申し訳ない気分


運動会も終わり、なんとか家に帰り着いて横になる。じっとしていても少し痛みがあるのでまったく立つ気になれない。その日の残りは必要最低限の行動にとどめて、なるべく布団の上で過ごした


湿布して一晩安静にしていればなんとかなるだろう、という淡い期待は翌朝見事に打ち砕かれ、やっぱり痛い。前日はカカト全体が痛くて、細かくどこがどう痛いのかわからなかったのだが、足裏を押してみると圧痛があるので、打撲と自己診断。いわて銀河100kmまでは2週間しかなかったが、ひとまず痛みが引くまでトレーニングは自重とした


それから四日が経過。毎日半分ずつくらい痛みは引いているのだが、それでもまだ右足で一歩踏み出すごとに痛い。1日1万歩平均とすると5000回痛いわけで、地味にツライ。カカトを庇って歩いているせいか、歩き方に変な癖がついてスネとか足の甲にも筋肉痛が出てきたw


当然、まったく走れていない。そうこうするうちにいわて銀河100kmまではあとわずかに10日


これマジで本当に絶対絶命ちゃうの?

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村