カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

DVDプレーヤー買い替え検討中

昨日HDDレコーダーが欲しい、などと言っておきながら、その舌の根も乾かぬうちに、DVDプレーヤーを買い換えたい!などと書いてみたりする

大画面でDVDを見る、ことに解像度の高いDLPプロジェクターのXV-Z9000を手に入れてからというものの、現在使っているソニーの廉価プレーヤー、DVP-NS715Pの再生性能に対して徐々に不満が出てきた。というのも、映像機器の性能が上がってしまったためかDVDソフトの持っている画像の粗がそのまま出てしまうようになった気がするのだ。本来DVDに収録されている映像の解像度は720x480。これに対しZ9000のパネル解像度は1280x720と大分細かくなるため、DVDプレーヤーが描き出した映像をプロジェクターのスケーラーが拡大して投射することになるものと思われる。この際、DVDプレーヤーの再生能力によって生じたノイズもそのまま拡大されてしまうのではなかろうか?ま、実際のところその辺のメカニズムはいまいちよくわからないのだが^^;、単純にDVDプレーヤーを買い換えるのが高画質化への一番の近道なのでは?と思うのだ

そこで新機種の候補となるのだが、当初の狙いはソニーのフラッグシップモデルDVP-NS999ES。ほぼ同スペックで売価の安いパイオニアのDV-858Aiも良いのだが、パイオニア機はクロマアップサンプリングエラー対策が今ひとつ、という以前からの評価があり若干それが気になる上、売りの一つであるiLink端子にさほどのメリットを感じなかったため選に漏れた。DENONマランツの選択肢もあるのだが、魅力ある機種は20万円超になってしまうため、さすがにそこまでの出費はできないわしとしてはこの2機種しか候補に挙がらなかった

ところがマランツの新機種DV9500が発表されるや、急速に候補に浮上してきた
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040525/marantz.htm
定価が15万円なので、おそらく発売当初の実売は12万円ほどになると思われる。前述の2機種の中古売価に比べると約2倍と高価ではあるが、他メーカーの20万円台の機種と比べても遜色ないか、むしろ上なのではないかと思える高スペック。マランツのブランドイメージも良い(ソニー機はどこか欠陥があるのが普通だし^^;)

同じ金額なら999ESの中古を買った上でスクリーンも新調する、という手もあるが、どうせなら良い機種を買いたいという気もする。まあDV9500は実機を観ていないので何とも言えないが、これで「字幕がクリアに出る」というような評判が聞こえてきたら悩んでしまいそうだな〜