読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

弘前・白神アップルマラソン レース【前半戦】

レース 弘前・白神アップルマラソン2015

スタート時の天気は晴れ。陽射しが直接首の後ろあたりに照りつけ、チリチリと熱を感じるくらい

まったくスターターの動きが見えないままのスタートだったが、ゲートをくぐるまでのロスタイムはせいぜい30秒程度。田沢湖マラソンのときに比べればだいぶスムーズなスタートが切れた

最初は予定通りのゆっくりしたペース。と言ってもまだ人が密集しているので上げようがないというのが正しい

ガーミンを覗き込むとラップペースが8分を超えていて思わず笑う。スタートほどなくして、緩やかに下る広い幹線道路に入ると少しずつ前方の視界が開け、徐々に自分のペースで走れるようになってきた

最初の1kmのラップは5分56秒。ゆっくり過ぎるがこれは想定内。むしろよく6分切れたと思うくらい。当日はiPhoneの裏にペース表を貼り付けて走っていたのだが、暗記していたのと後半それどころじゃなかったのでほとんど見ず(-。-;

1kmを過ぎるとだいぶ周りのペースも安定してきたので、設定ペース通りキロ5分10から20秒程度をキープして淡々と走った。沿道にはリンゴの紅い実が実っていて、津軽のご当地気分を満喫

最初の5kmに到達。ガーミンの計測タイムは26分45秒。コース脇のキロ数表示からだいたい100から150mくらい手前でガーミンのラップが刻まれていたので、設定タイムの27分をほぼ完璧にトレース出来ていると考えて良さそう。まずは順調。1kmごとのタイムは次のとおり

1km 5分56秒
2km 5分20秒
3km 5分12秒
4km 5分10秒
5km 5分07秒 (0-5km計26分45秒) ※ガーミンFA220Jによる自動計時

余裕たっぷりの出だしだったが5km以降も自重。4kmくらいにあった最初の給水ポイントをスルーしていたので、5kmを過ぎてからL-グルタミンをOS-1で流し込んだ。L-グルタミンは粉末を袋に小分けすることも考えたが、気管に入ってむせる危険を回避したかったので、大きめのカプセル8個に入れて、これを2個ずつ飲んだ

岩木川を渡るとリンゴ畑と普通の民家の間を縫うような道を走る区間。沿道にはほっかむりをしたお婆ちゃんがイスを出して声援を送る姿もチラホラ

リンゴ農家の方が手作りしたと思われるメッセージボードにもほっこり

景色や周りのランナーの観察を楽しんでいるとあっという間に10kmに到達

かなり抑えめに走っている感覚があったが、ペースはほぼ想定どおり。疲れもほとんど感じず良い感じ。5kmから10kmまでのラップタイムは以下の通り

6km 5分11秒
7km 5分11秒
8km 5分02秒
9km 5分08秒
10km 5分12秒 (5-10km計25分44秒、0-10km計52分29秒)

10kmを過ぎたのでここからはキロ5分マッシーンにモードチェンジ。ここから20kmまでは淡々とイーブンペースを刻むつもりで走る。ところどころ上りがあるので、多少ペースの上げ下げはあるものの、ここも概ね想定通り走れた

道中は郷土色あふれる笛と太鼓の応援があったり

ピカチュウの着ぐるみ姿で走る人がいたりして、周囲の観察がとにかく楽しい

緩やかな上り基調のコースを15km過ぎまで来たあたりで岩木山を見上げると、空に黒い雲がかかってきている

気温があまり上がらず、走りやすいのはありがたいが雨は困るなあ、などと考えていたら、16.7kmあたりでほぼ独走状態のトップとすれ違った。はええー

トップが行った後2分くらいして2、3番手とすれ違い、その後も続々と速い人たちが駆け抜けていく。しかし、中には既に疲労困ぱい、という人もいて、やはりフルマラソンはペース配分が大事なんだなあ〜、とか思ったり

てなこと考えているうちに自分も20kmに到達。10-20kmのタイムは以下の通り

11km 5分01秒
12km 5分07秒
13km 4分55秒
14km 4分56秒
15km 5分00秒 (10-15km計24分59秒、0-15km計1時間17分28秒)

16km 4分57秒
17km 4分57秒
18km 4分52秒
19km 4分58秒
20km 5分05秒 (15-20km計24分49秒 0-20km計1時間42分17秒)

設定ペース表の20kmが27+26+25+25の103分、つまり1時間43分だったので、ここまでわずかに43秒速いだけ。貯金が無いとも言えるが、息が切れたり脚が重い感じはほとんどなく、スタミナの貯金はできた感じ。これは良いんじゃないか?と思って20kmから予定通りにスピードアップ。あわよくばサブ3.5を目論見、調子よく折り返し点目指して駈け出したのだが、後半にまさかあんな事態が待っていようとは、このときはまったく考えてもいなかった

(つづきます)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする