カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

秋の新型プロジェクター

廉価な液晶プロジェクターでシェアを争っているパナソニックとサンヨーから今秋のニューモデルが発表された

パナソニックTH-AE700
http://panasonic.jp/theater/projector/index.html
・サンヨーLP-Z3
http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0409news-j/0910-1.html

発売当初の価格はおそらくどちらのモデルも20万円台前半になると思われる。光量を抑えてコントラスト比を稼ぐアイリス機構は最近のプロジェクターのトレンドだが、パナソニック機は「シーン連動自動アイリス」、サンヨーは「業界最高ステップ数の電動アイリス」を売りにしている。その結果どちらもカタログ上のコントラスト比は2000対1という、これまでの液晶では考えられなかった高コントラスト比を実現している

これまでサンヨーのアドバンテージになっていたレンズシフトがパナソニック機にも搭載されたのは注目ポイント。入力信号はD4端子とRCA色差端子をともに備え、デジタル入力はともにHDMIとその点でもほとんど差がない。こうなるともう映像そのものやデザインの好み以外に選ぶポイントが無いのではないかと思えるほど両機種は似通っている

あとは実際に見てみるまでは何とも言えないが、両機種の登場は720Pパネル液晶の一つの到達点と言えるのではないだろうか?おそらく日立とエプソンもこれに追随してくることだろうと思うが、どれもよほどのヘビーユーザーでもない限り満足できる機種に仕上がってくることだろう

あとは価格がもう少し下がれば、今までターゲットに入ってこなかった広い消費者層にアピールできる可能性はある。ホームシアターがマニアだけのものでなくなる日は近い