カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「国が燃える」の歴史捏造&休載・続報

この問題、新聞やテレビがほとんど報道していない、と以前書いたが、全国紙はほとんどベタ記事扱いにしたらしい。このことに対して、反戦平和主義の立場のカタガタの側から「この重大な言論弾圧をなぜ大きく報道しない?」という声が上がっているらしい

抗議があったのは事実だが、休載を決めたのは集英社の勝手なわけでこれを言論弾圧と言えるのかどうかは微妙なところだとわしは思う。しかしこの問題を大きく取り上げるべき、という点は大いに賛成だ

思うにこの問題を「あの」朝日新聞ですらベタ記事扱いにしているのは、「南京事件」自体の存否の争点がクローズアップされてしまうことが、彼らにとって都合が悪いからであろうと思われる。何しろこの問題、信頼に足る資料に誠実に当たれば当たるほど、事実認定が難しくなるからだ。早い話が、事件は「あった」とする有力な証拠はないのに「なかった」とする証拠はいくらでもあるのだ。つまりこの問題の争点がはっきりしてしまうと、中共が「決定」した犠牲者数などは真っ先に嘘っぱちであることがわかってしまう。中共に阿る朝日などにとっては到底不可能な話だ

従って、マスコミがだ〜い好きなはずの「言論弾圧」に関係する事件だというのに取り上げられるのは「しんぶん赤旗」くらいになってしまう。ちなみに赤旗の記事は以下の通り

週刊ヤングジャンプ』(集英社発行)連載中の人気漫画に描かれた南京大虐殺の描写について、「自虐史観」などと攻撃する地方議員のグループが抗議していることがわかりました。

 この漫画は、昭和初期を生きる官僚が主人公の「国が燃える」(本宮ひろ志氏作)。九月十六日発売号と二十二日発売号で、旧日本軍が南京市民を殺害するシーンを描きました。

 抗議したのは、「集英社問題を考える地方議員の会」。航空自衛隊予備自衛官犬伏秀一・東京都大田区議(区議会会派「民主・自由・未来」)が代表です。都議会で「君が代」強制を推進している民主党土屋敬之自民党古賀俊昭両都議らも参加しています。抗議文には「大東亜戦争従軍の将兵、遺族、日本国、国民の誇りに傷をつけ、辱めた」などの文言もありました。南京大虐殺は、一九三七年十二月に中国の首都南京を攻略した旧日本軍が多数の捕虜や敗残兵、一般市民を殺害し、略奪などの蛮行を行い、国際的非難を浴びた歴史の事実です。

 抗議文は南京大虐殺について、「あるという確証がない」「あたかも戦争の真実として描いている」などとしており、南京大虐殺という歴史を覆い隠す立場からのものです。

嗚呼、なんと頼もしい典型的反動左翼の文面(笑)。「自衛官」と書けばキナ臭いものを匂わせられると思っているんだろうか?「君が代」は強制を推進しているんではなくて、義務としての斉唱実施を求めているだけだろ?そんなことが攻撃材料になるのは「赤旗」読者に対してくらいのもんだろう。そもそも「君が代」斉唱の問題は「内心の自由」の問題などではなく、学校行事における規律の問題に過ぎない

抗議文には「大東亜戦争従軍の将兵、遺族、日本国、国民の誇りに傷をつけ、辱めた」などの文言もありました。

この部分、わしなどは「まったくその通り!」と思ってしまうが、赤旗のライターさんは「大東亜戦争」と呼ぶヤツは軍国主義者だ、けしからん!とでも言いたいんだろうか?どうも意図がよくわからん

かたくなに「南京大虐殺」を歴史的事実としているところは涙ぐましい限りだが、なら中共が主張している虐殺の実態を詳しく書いてみなって。その上で論戦してみなさいって

ホントどんどんやるべきだよ、これは。何しろこれだけはっきりしている捏造はほかにないんだから。これで終わらせるつもりなら、それこそ「捏造の事実を覆い隠す」立場にあると思われても仕方ないと思うんだがね