カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

紀宮様ご婚約報道の狙い

紀宮殿下のご婚約が内定。正式発表はまだだが慶事には間違いなく、心よりお慶び申し上げたい

しかしこの報道が出た段階でも、現在に至っても宮内庁側の正式発表はなし。新潟県中越地震の被害に配慮したとのことだが、ではなぜこの時期に報道されてしまったのか。このニュースを見た瞬間から政治的意図を感じ取らずにはいられなかったので早速調べてみると、スッパ抜いたのは案の定、天下の朝日新聞サマなんだそう

普段から皇室への敬意など微塵もない朝日なので当然と言えば当然なのだが、報道機関としての紳士協定すら無視しての行動には単なる嫌がらせ以上の狙いがある、と考えるのが妥当だろう

これについて、おなじみのA.Yottiさんの「注文の多いゴルフ倶楽部」で面白い見解が報告されていた
http://d.hatena.ne.jp/sanhao_82/20041115

中国原潜領海侵犯事件の直後だったりするわけですし、中国は未だ回答を寄越していない。世間が「中国は回答しろや、ゴルァ!」と思っているところに、朝日が皇室のおめでたいニュースを一本。対中強硬派は、確かに皇室を大切に思う人が多いと思われますし、祝賀ムードにすることで領海侵犯事件を追いやってやろう、みたいな意図を感じるなぁ

さすがですなあ。わしもそう思う。加えて言うなら拉致被害者についての日朝協議の停滞、これにより今後予想される反北世論の盛り上がりを抑制する、という狙いもありそうだ

まさに「チョウニチ」新聞の面目躍如といったところか