カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

「S.W.A.T.」

本ブログの表題に「映画」を謳っている割には映画の話題が乏しいのだが、かなりの本数の映画を観てはいる。だがその全部について感想を書いているわけではなく、実はとりたてて感想を書くほどでもないような作品も多い。ズタボロにこき下ろせるような駄作ならそれでもまだ良いのだが、面白いのでもつまらないのでもなく、ただただ特徴の無い凡庸な作品が実は一番感想に困る。今回の「S.W.A.T.」も一言で言ってそういう凡庸の極みのような一作なのだが、こき下ろせる材料が無いわけでもない(笑)ので、一応記録しておく

まず登場人物に何の魅力も感じない。主人公の人物像がちっともわからない。その他の人物の描き方も表面的で背景や生活感がまるで感じられない。行動も即物的で深みが全くなく、どの人物にも感情移入できない

そもそも脚本がダメ。国際指名手配犯の脱走事件が起きるクライマックスも発生理由に乏しく、事件と言うよりも事故に近い。せめて事件を起こす元SWAT隊員と仲間を裏切る現隊員とに繋がりがあったり、金が必要になる切迫した背景が描かれたりしていればよかったのだが、あの状況で衝動的にあれほどの犯罪行為を為す理由がまったく理解できない。はっきり言って「新人漫画家が雑誌の穴埋めで描いた読み切りだったら許せるかも?」という程度の物語。日本の刑事ドラマの方がよほどマシだろうという出来だ

企画意図は単にSWATを題材にアクション映画を作りたかっただけなのだと思うが、この話だとカッコよさや爽快感よりもSWATに対する不信や不安を増長させてしまうだけなのではないか?という気がしてならない

このどうでもよい映画に、どうでもよい役でラッパーのLLクールJが出演していたのだが、この人いつの間にこんな地味な性格俳優になっちゃったんだか(笑)