カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

滑れるんだけど

昨日、今日とリフト一日券の時間いっぱいに使って滑りまくってきた。目線と先行動作の重要性は以前から頭ではわかっていたのだが、ようやく滑りに生かされるようになってきた気がする。あっちこっちと泳いでいた視線が定まり、ショートターンのときなどはほとんど下方向だけを見ながら滑れるようになった

はっきりわかったのは、上半身はほとんど動かさなくていい、ということ。上半身はただ板のスピードに遅れないように押し出すだけにして、腰から下を上下させて柔軟に振り子のようにしていけば実にスムースに滑ることができるではないか!要するに今まではバタバタと余計な動きをしすぎていたのだ

こうなってくると欲が出て、どんどんターン時の荷重を増やし、腰から下を大きく倒してエッジを立てる、いわゆるカーヴィングターンに挑戦してみる。まずまず乗れるのだが、エッジだけで全体重を支えた状態で板が走り出すと物凄いスピード感がある。これまでのドリフトターンのように、後ろ足をナチュラルな状態にしていると身体が遅れ、遠心力によって急激にクルッと回ってしまい、とても怖い。これを防ぐには、後ろ足の足首を緊張させ、適度に荷重して押さえ込み、その反動で逆側のターンに行く、ということなのだと勝手に理解。でも本当にこれでいいのかどうかはまったくわからんので、そろそろ次回あたり再度スクールで見てもらう必要がありそうだ

それはそうと、まずまずの滑りができるようになったにも関わらず、わしは平地に弱い^^;スケーティングがとてもヘタ。ゲレンデでは平気なのに、スケーティング時にちょっとバランスを崩すとみっともなくドテッとコケてしまい、非常に恥ずかしい。この辺は生来の運動神経の無さをいかんなく発揮しているものと思われる。しかしなんでみんなあんな不自然な格好でスイスイ歩けるわけ?不思議だ〜

広告を非表示にする