読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

初ナイター

仕事が早めに終わったので、愛車キューブ号を飛ばし初のナイターへ行く

もうわしゃスノボジャンキーすよ。いやマジで

せっかくの人の少ないナイターゲレンデなので、ひたすらカーヴィングでのロングターンの練習をする。最初はバーンが硬いせいかうまくエッジが立たず悪戦苦闘。自分では十分に荷重したつもりでも板がずるずると下にずれてしまう。エッジを噛ませるためにさらに大きく身体を落とし込むと今度は勢いづいて曲がりすぎてしまう。かと言ってスピードを押さえ込もうと先落としを短くすると尻餅または手をついてしまう

それでも何度か滑っているうちに徐々にコツが掴めてきた。要領としては、前足荷重で十分にノーズを落とした後、そのスピードを保ったままエッジを雪面に突き刺すように重心を落とす、そのままだと板が鋭角的に半回転してしまうので、瞬間的に後ろ足に荷重してバランスを保ち、そのまま立ち上がって斜滑降、そして逆方向のターンへ、という流れ(だと思う)。これらの一連の動作をバランスを保ちながら行うためのタイミングが思いのほか難しく、何度も滑って身体に覚えこませる必要を痛感した

と、もっともらしいことを書いているが、この理屈があってるのかどうかはまったくもって不明。昨日も書いたが、やはりここは一度インストラクターの方に見てもらった方が良いだろう

平日のナイターゲレンデは人が少ないのは良いのだけど、かなりのスピードを出して上から降って来る人やら、所構わずトリックやらジャンプやらをする人がいて結構危ない。まあ、それが目的でナイターに来てるんだろうから目くじら立てるつもりはサラサラ無いんだけど、せめてスピードコントロールできるようになってからかっ飛んで欲しい、と思ってしまうような人もちらほら

ま、安全に楽しく滑りましょうや

広告を非表示にする