カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

HVで「ラスト・サムライ」を観る

ラスト サムライ [DVD]
デジタルWOWOWで放送された「ラスト・サムライ」を観る。劇場で既に観ている作品なので画質、音響効果に着目してじっくりと観てみたが、ハイビジョンとしてはさほど精細とは言えない画質だった

とは言えさすがにHV。劇場では気にならなかった、あるいは見えなかったものがいろいろ見える。わしが最も気になったのは植生。画面のところどころにまるで熱帯地方のような植物が出てくる。富士の裾野にソテツやシダってありえねえだろそれは!と突っ込みまくってしまった

それでなくてもこの映画、ツッコミどころが満載。勝元の軍がいくら火砲を持たないからと言って、騎馬も歩兵も当時の通常兵器は槍なはずで、太刀だけをかざして突入する図はいかにも奇異な感じがする。他にも皇居の入り口になんで鳥居があるんじゃい!とか、政府の首脳がみんな現代標準語なのは変!とか、細かいことを言うとキリがない。まあ、それでも「パールハーバー」の「青空御前会議」に比べればだいぶマシだけど

おっと脱線

音響は悪くない。AACの割には合戦シーンなどはなかなか迫力がある。静かなシーンで少々音声がこもる点が気になったが、全体的に良質。サラウンド感も高く、標準以上の出来だと思う

最後にもう一つ突っ込んでおくと、ティモシー・スポールの日本語はやっぱりさっぱり聞き取れませんでした(笑)