カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

支那共産党政権の歪(ひずみ)

反日「テロ」の陰で、実は共産党政権下の支那の歪がどんどん露呈している

http://www.reuters.co.jp/financeNewsArticle.jhtml?type=worldNews&storyID=8139245§ion=investing

[北京 11日 ロイター] 中国東部の浙江省で10日、抗議行動への取り締まりで死者が出たことに怒った住民数千人が暴徒化し、警官50人が負傷した。
(中略)
暴動が起きたのは、中国沿岸に位置する浙江省の村落地帯。近くにある化学工場の汚染に抗議する高齢者約200人が、警察の取り締まりを受け、この際、女性2人が死亡したという。

 これに怒った住民らが棒などを振り回し、防護盾などで身を固めた警官隊と衝突。警察車両を横転させたり、地元の高校に陣取った警官隊に投石などしたという

http://www.reuters.co.jp/newsArticle.jhtml;jsessionid=44MTDKSX3UP3UCRBAEZSFEY?type=worldNews&storyID=8189496

[北京 15日 ロイター] 中国人民解放軍関係者や目撃証言によると、中国の北京で今週11日から13日にかけて、退役軍人約2000人が恩給の引き上げを求める座り込みを行った。

 退役軍人による抗議活動としては、1949年の中華人民共和国建国以来、最大規模で、これまで軍の助けをかりて政権を維持してきた共産党内部では、警戒感が強まっている

現在の支那は国民の政府への不満が高まり、これが一気に爆発すれば政府当局も抑えることが難しいところまで来ているようだ。その不満が政権を支えてきた軍関係者の間にまで及んでいるところをみると、事態は想像以上に深刻なのかもしれない。それゆえに日本への強硬姿勢をアピールし、「日本側の謝罪」という虚偽の情報を流してまで事態の沈静化を図っているのだろう

もう何度でも書くが、わしは2000年の正月に「中華人民共和国は10年以内に崩壊する」と予言した。その可能性は加速度的に高まってきたと見るがどうか?