カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

祝!千葉ロッテ優勝

わしは物心ついた頃からのヤクルトファンなのだが、その端緒は親父がアンチ巨人だったことにある。親父のひいき球団はオリオンズ。その昔ロッテが毎日だった頃からのオリオンズファンという。世の中がほぼ巨人一辺倒の時代にあって、言わばヘソ曲がりの典型みたいな存在だったわけだが、わしは確実にその血を引き継いでいる。その親父の影響もあってロッテは幼い時分からヤクルトに次いで応援している球団だ

そのロッテがついに優勝した。プレーオフで西武、ソフトバンクを屠っての勝利。おそらくまたぞろプレーオフの是非が問われることにはなろう。シーズンを制したソフトバンク・ホークスファンには多少申し訳ない気もする。しかしプレーオフでの素晴らしい戦いを見れば、それなりに納得できる優勝だったのではないかと思う

優勝の要因はボビー・バレンタイン監督の用兵の妙、ということに尽きるだろう。それほど目立つ補強があったわけではない。大砲もおらず、30本塁打を超えたのは李承菀ひとり。昨年と比べてもまったく新規の戦力はせいぜい新人投手の久保くらい。あとは既存の選手を適所に配置、起用して結果を出した。その中には、これまで9番や1番を任されることの多かったサブローを負傷したベニーの代役として4番に抜擢したり、先発要員だった小野、薮田をセットアッパーとして起用するなどの「奇策」もあった。これらがすべて絶妙に噛みあい、戦力として機能したのだから、その手腕の見事さには舌を巻くよりほかない

昨夜のプレーオフ最終戦。大事な場面で今シーズン限りの引退を決めているベテラン初芝を起用、足の遅い初芝がラッキーな内野安打で出塁し、里崎の逆転打を呼び込んだ場面は「ボビーミラクル」の総決算と言っても過言ではないだろう

さて次は日本シリーズ。チーム力は拮抗していると見る。個人的な見所は阪神打線がサブマリン・渡辺俊介を攻略できるかどうか。これがシリーズの行方を左右しそうな気がする。いずれが勝つにしても素晴らしい戦いをしてくれることは間違いないと思う。大いに期待したい