カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

どうなった?加藤紘一宅放火犯人

いまだ確かなメディアには実名が流れていない。話題としてはまったくの尻すぼみ状態だ

朝鮮日報が実名を報道し、まだ日本の新聞・テレビが実名を伝えていないことを指摘し、「政府の報道規制」「圧力」などと戯言を言う人をネット上で見かけるが、犯罪者の名前を公表しないことで政府が得るものなんて何もなかろう

普通に考えれば「報道倫理」の問題ということになろうか?要は「はっきりと容疑が確定していないものは報道しない」ということ。まあ、その割に山本圭一はまったく容疑が確定しないうちから犯罪者扱いだったが

結局現在警察が集めて、メディアに公開している情報は状況証拠にすぎず、割腹自殺を図った本人の自白を待って実行犯確定という流れになるのだろう。しかし、いくら口内が火傷しているからと言って、犯行を認めさせることができない、などということがあろうか?状況証拠は揃っているのだから、一言「おまえがやったのか?」と聞いて頷かせればそれで確定だと思うのだが?

普段は「言論の自由」を過剰なまでに謳うくせに、どうもこの事件に関してはマスコミ自身が幕引きを狙っているように見えるのはわしだけ?

無論、理由はだいたいわかっていて皮肉でこう書いているのだけどね