カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

盛岡市上ノ橋町「中河」

仕事で盛岡へ行ってきたので、思い立って「中河」へ行くことに。ここは近年数多くのラーメンフリークが訪れるようになった超有名店で「日本一」とまで評価する人もいるほどの名店なのだが、盛岡の人にとってみれば単なる昔馴染みの中華そば屋。会社からちょっと中途半端な距離にあるため足が遠のいていたのだが、急に思い立って久々に訪問してみた

この「いかにも」な佇まいも多くのファンを魅了して止まない理由のひとつだろう

まず最初の特徴は注文を取らないこと。なぜならメニューが「中華そば」(500円)一品しかないから。大盛りすらなし。余談だが実はこの店、昔は日本そばも出していたことを知る人は今では少ない。席につくとほとんど待ち時間なしで出てくる。そばを運んでくれるオバチャンはいつも笑顔。これだけの名店に祭り上げられながら、昔と変わらずまったく思い上がったところがないことがうれしい

節系だしのスープは余計な脂などは一切無く、澱みの無い澄んだ黄金色。薄くも濃くもない醤油味も絶妙。少し芯が残ったようでありながら、ちょっと硬めの中細縮れ麺は、ややかん水の匂いを感じるものの熱いスープによく浸しても最後までダレることなく、心地よい喉ごし。具は脂身の少ない小さめのモモ肉のチャーシューに海苔、シナチク、ネギのみ。このシンプルさもまた良し

あまりのうまさに調子に乗っておかわりを注文したら、腹がパンパンになってしまった。昔は楽勝だったんだがなぁ

広告を非表示にする