読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

デンカオ対亀田大

スポーツ 格闘技

WBA世界フライ級タイトルマッチ、デンカオセーン亀田大毅の一戦。亀がデンカオにボコられるのだけを楽しみに見ていたのだが、いろいろと予想を裏切る試合だった

一番の予想外は判定がクリーンだったことw。正直もっと差がついてもいい内容だと思ったが、デンカオにあれだけやる気がなければ仕方なし。まるで最初から「試合を長引かせる」「顔は打たない」「足は使わない」という申し合わせができていたかのよう*1な単調なボクシング。亀田はもともと世界レベルではないが、昨日の出来ならデンカオも世界王者失格と言わざるを得ない

亀田大が結構がんばったことも予想外。スタミナは大したもんだと思う。終盤になっても一応パンチは出てたし。でも亀田大って兄以上のハードパンチが売りなんじゃなかったっけ?口で「シュッ」って言うだけではパンチは強くならないと思うのだがw。もっともボクシングそのものはさほど変化なし。姿勢を低くしたピーカブースタイルは相変わらずだし、背中を丸めてボディを嫌い、ベタ足で接近しては腰の入りきらないパンチを振り回すのも以前と同じ。テクニックで劣る以上、もっとガムシャラに打ちに出なければKOはされないにしても勝ち目もない。やっぱりセンスがイマイチだと思うんだがな

唯一予想通りだったのはTBSの実況&解説。亀田寄り一辺倒。まあ今回は外国人王者相手だからそれでもいいっちゃいいのだが、両者の力量差すら見極められず、試合結果を「王者のごま勝ち」などと言う寒い駄洒落で評した鬼塚はもう解説辞めた方がいいんじゃねえの?
ポチッとな

*1:念のため、ジョークよ

広告を非表示にする