カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

本日の「お前が言うな」

民主党、首相の豪雨被害地でのゴルフ批判

 民主党大畠章宏幹事長は11日、豪雨被害の視察に訪れた盛岡市で、10日にゴルフを楽しんだ安倍晋三首相を批判した。

 「大規模水害で犠牲者が出ている中、笑顔でゴルフに興ずる首相の神経は全く理解できない」と指摘。首相が約10日間の夏休みに入っていることにも「被災された人々は休みどころでない。首相も国民と共にあってほしい」と記者団に述べた。

首相就任後ほとんど不休で働いている首相に対してこれ?お宅の党の遊ぶか引きこもるかどちらかだった首相とは大違いなのだが

そんなにこれを蒸し返してほしいならやってやろう
福島みずほは権力の亡者 - カメラと映画と日本が好き
2010年4月下旬、口蹄疫の発生が認められたにも関わらず不要不急の外遊を優先させた赤松広隆。その臨時代理であり、食の安全特命相でもあった福島みずほは、メーデー集会への出席、憲法護持集会への出席、普天間基地移設問題関連のテレビ出演などに飛び回って宮崎県に足を運ぶどころかTwitterなどでも口蹄疫の惨禍に興味すら示さなかった。宮崎県は福島みずほの出身地なのに!

しかも外遊中被害がどんどん拡大したにも関わらず、帰国した赤松が真っ先に向かったのは党の同僚議員の後援会発足式典

赤松は代表的な例だがこれだけでは無い。こんな無責任大臣を連発した民主党がどの口でこんなことを言うのか

民主党「自らを省みる」ことを求めるだけ無駄ということか

広告を非表示にする