読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

あっぴリレーマラソンで記録更新

レース あっぴリレーマラソン

日曜日、昨年に引き続き会社のチームの一員としてあっぴリレーマラソンに参加してきた

今年の参加者は昨年の約半数となる11人。国体開催前の繁忙期に加え、台風10号の災害支援ボランティアに参加するメンバーも出たため、参加者が大幅に減ってしまった

チーム編成はAチーム5人、Bチーム6人。アタクシはAチームのリーダー。幸い45歳のアタクシが最年長という比較的若いチームになったので、一周2kmのコースを各々4回ずつ走ることに決定。総距離は42.195kmなので2.195km余るが、今年は元箱根ランナーのUくんという強力なエースがいたので彼にお願いすることにした

UくんはKG大のキャプテンとして箱根駅伝の6区20.8kmを1時間を切って走り、堂々区間5位になったモノホンのランナー。最近はあまり走れていないという話だったが、シューズを見るとソーティーを履いていて、やはりモノの違いを感じさせる。心強すぎる(`・ω・´)

去年はアタクシが第一走者とアンカーという大役を担ってしまったが、今年はリーダー権限を行使してスタートを大エースに任せたw。ちなみにBチームの方の第一走者も国体ハンドボール代表という強力な布陣

午前10時一斉にスタート!

Uくんスタート位置がかなり後方だったらしく埋もれてどこにいるかわからず(・_・;

スタートから6分。あっという間にトップが帰ってくる。我らがUくんも本人は「不本意」と言いつつも7分台前半の好タイムでタスキを渡した

2番手のSくんも昨年から1分以上タイムを縮める8分台前半の好タイムで繋ぎ、3番手へ。控えめに4番手wのアタクシはその後を受けてスタートした

写真で見ると見事に猫背(ฅΦωΦ)ฅ そしてハゲw

去年は4回走って8分2秒が最高タイムだったので、今年の目標は7分台を出すこと。リゾートセンター前から左へ折れて公道の下りに出たところで重力任せにスピードアップ。ここでペースを見ようとしたら、ガーミンをスタートさせていなかったことに気づく(-。-;。あわててスタートボタンを押して改めてペースをチェックするとキロ3分15秒ペースの表示。ありえない。速すぎる

と思うが早いか呼吸が苦しくなる。まだこの時点で500m地点の距離表示板の横を通ったあたり。バテるのが早すぎる。このままでは絶対に保たないのでストライドを少し狭め、リズムだけを保つ心構えで走る。折り返して登りに入るとキツイことはキツイがだんだん自分のペースがつかめてくる。上り坂の終わり手前でまた息苦しくなるが、センター前のフラット区間で声援を受けて再度息を吹き返し、なんとか次走者に繋いだ

一本目を終えて思ったのは「2kmってこんなにキツかったっけ?」ということ。起伏のある2kmなのでキツイのは当然なのだが、去年に比べてもキツイような気がするから不思議。この感覚は他のメンバーも同様らしく、走り終えてヘタリ込むパターンが続いた

1本目のタイムは7分53秒。ギリギリだけど目標達成!

思わず疲れてヘタリ込むが、今年は5人で回す上に全員が昨年よりレベルアップしているのでインターバルがとても短く感じる。実際のんびりしてるヒマはほとんど無くて、レース中トイレにすら一度も行けなかった

ひと休みして腿に軽〜い筋肉痛を感じ始めたあたりで2本目スタート

坂の上り下りは苦しみながら踏ん張って、坂の終わりでヘタレそうになりながら、フラットなセンター前の声援で復活。基本これの繰り返しw

2本目は7分51秒!更に縮められた。これは素直にうれしかった。すげえ!と感嘆の声を上げる若い連中に「45歳でも成長できるんだよ!」と吠えるw

3本目は8分11秒。さすがに落ちた。落ちたのもそうだけど、無難に走ってしまった感も無くはないかも

3本目を終えて改めてここまでのタイム経過をチェックすると、以降全員10分で走ったとしても3時間ヒトケタ分でゴールできる計算。我が社のチームのこれまでの最高記録は3時間18分ということなので、これは大幅に更新できそう

このままの順番だとアンカーはエースのUくんになるのだが、ここで後輩Yくんが「アンカーはすとん(仮名)さんの息子さんで行きましょう」と提案してくる。これまでにない好タイムが出そうな流れを台無しにする危険があるので一度は断ったが、せっかくの好意なので急遽車中で仮眠中の息子を招集した

寝ているところを起こされた息子は当初やや不機嫌だったが、アンカー用の特別な黄色いゼッケンを胸につけられると満更でもない様子。20番目の走者を務めたUくんからタスキを受け、アタクシと一緒に走り出した

アタクシは息子が途中で音を上げないように励ましながら伴走。「良いリズム!」「苦しくても下は見ないで」「腕を後ろに引くと足が前に出るよ」「よくがんばってる!」「あそこのおばちゃんを抜くつもりでがんばろう!」etc.etc...

アタクシの心配をよそに息子は一度も立ち止まるようなこともなく、淡々と最後の坂を登りきり、センター前でチームのメンバーと合流。息子を先頭にして全員万歳でゴールゲートをくぐった

チームのゴールタイムは驚きの3時間8分10秒

息子も重い登山靴で走った割に約12分と健闘し、大きくトータルタイムを落とすようなことにはならなかった。アタクシが単独で走ったところでサブ3に届くような状況でもなかったので、これは良し

それにしても5人のメンバーが全員それぞれよく頑張った。その結果が3時間ヒトケタの好タイム。これは胸を張れる結果だと思う

ちなみにサブ3.5に届くか届かないか、というところでアンカーの後輩Kにタスキを託したBチームはKの13分超というロングジャーニーwの結果3時間32分超えという結果に終わった

個人的には昨年のタイムを更新し、Uくんにはまったく及ばなかったものの、会社の参加メンバー全体で2番目のタイムを出せたのでまずは満足。これを自信にして次の勝負レース弘前・白神アップルマラソンに向かいたいところだ

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

広告を非表示にする