カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

愛用のBluetoothイヤホンBackbeatFIT故障

NO MUSIC NO RUN
これが信条のアタクシは、走るときにはだいたい常にBluetoothイヤホンを耳にかけ、iPhoneを携帯している


ジョギングを始めた当初は有線のイヤホンだったのだけど、2015年の6月に無線化に踏み切って以降はPlantronicsのBackbeatFITひと筋


スポーツ用Bluetoothイヤホンは数あれど、オープンイヤータイプで周囲の音が聞き取りやすく、バッテリー稼働時間も長いこの機種は唯一無二の存在。初代が1年4カ月フル稼働で故障した際には即座に二代目をリピート購入し、毎日のように愛用してきた


そんな二代目BackbeatFITが約1年1カ月でこの程お亡くなりに(T人T)チ-ン


症状としては音楽再生中突如としてバックスキップを繰り返す誤作動が発生→ボタン操作が利かなくなったので電源を落とす→電源が入らなくなる、、、という流れ


それでもUSBケーブルを接続すると充電はできるので、なんとか復活できないか調べてみると、再生/一時停止のボタンが押し込まれたまま戻らなくなっていること、その状態で電源ボタンを押しても作動しないらしいことがわかった

直す方法をググってみたが、そもそもこの機種自体の情報が少なく、お手上げ状態。もしやと思って海外サイトをググってみたら、一つだけ修復事例が見つかった


そのサイトによると、押し込まれたままのボタンを硬いもので軽く叩いたところ、ボタンのスプリング(?)が戻って電源が入れられるようになったとのこと。さっそく実践


まずはボールペンでコツコツコツ、、、電源入らず(-。-;


カッターのケツでコンコンコン、、、ダメ


イヤホンを机に打ち付けてみる。ガンガンガン!、、、あかーん


、、、結果、充電すらできなくなってしまいました_| ̄|○
じ、自分でとどめを刺してしまった


というわけであきらめて新型買いました

アタクシは直すことができませんでしたが、同様のトラブルでお悩みの方の参考になればと思って書きました


失敗事例が参考になるとも思えませんが(-。-;
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

雨だけど走った自分を誰か褒めてくれさい

昨日の流れ。かーんぜんに走らない方の流れだったじゃないですか。まあ自分としてもイマイチ気乗りはしてなかったんですよ。でもね、


I did it!!ドヤー

起きました。天気は予報通り雨だったけど、走ってきましたとも。セオリー通りのガチユル走トータル60分

ガチ走2本の後、ユルユル走っていてどうにも自分の走りに納得がいかない。何かがおかしい。一歩一歩力をロスして、ブレーキがかかってるような気がする


走りながらフォームを一からチェックし直し。重心真下着地の心構えだと、どうしても足が上体より前に出るので、重心やや後方くらいの意識で、膝を軽く曲げながら後ろに畳み込んでいくようにすると良い感じになった


着地してから離地するまでは臀筋だけを使うイメージ。跳ねる力を全部後方にまわして推進力に変えていく。そんな感覚


この感覚、忘れないようにしてジョグしながら身体に叩き込もうと思いますた


思いがけず強度を上げてしまったので、次は絶対疲労抜きジョグ。天気はますます下り坂なので明日に走るかどうかはわかりません!
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

これって走らない方の流れだよね

突然ですが、寒いです。今週は全国的に11月としては異例の寒さらしいので、全然「突然」じゃないですか?そうですか


今朝は完全に天気予報に騙されました。だって早朝の最低気温がマイナス6度なんてお天気ドットJP様がおっしゃるから、そんな寒いなら休んでもいいやってなるじゃないですか。そしたら結局、マイナス2度程度でしかも風も無かったって、そんなら走ればよかった(-"-)


ええ、ぬくぬくと過ごしましたとも。布団にくるまって


昨日は走ったんですよ。LSDですけどね。もうゆっくりとしか走れない体質になっちゃったんじゃないかと思うほどに安定のスロー走行でしたよ

んで!問題は明日ですよ

(ノ∀`)アチャー


これはマズイ。昼間は仕事なので朝しか走る時間はないんだけど、、、雨かい(-。-;


連休必至。落ち続けてる走力がまた落ちていくのか。いや、走ればいいじゃん!雨だろうが何だろうが走れやオレ


明日アタクシは走るのか?走らない方に10000ペリカw

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

突然冬が来てしまった件

寒くて朝起きるのがつらい、そんな季節になりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?


ええ、要するに何が言いたいのかというと、今朝は寒さに負けましたってことです。布団でぬくぬくと朝を迎えましたよ


昨日は走ったんですよ。アップルロードの起伏を含む110分LSD。負荷をかけすぎず、楽しくリカバリーラン的に

走ってる間チラチラと降ってきていた雪。この日は積もることもなかったのだけど、今朝起きたらこんな感じ

この状況だと普通のシューズで走るのは怖い。朝まだ暗いうちだと尚更


あわててスノーターサーを引っ張り出したのだけど、さすがに3シーズン目ともなると耐久性が気になるところ。そーっとひっくり返してソールを見ると

あかーん。これはあかん


先端の方だけとはいえ、ミッドソールが見えてきちゃってる。うう、困った。買い換えてもいいけど、結構いいお値段するんだよね、コレ(つД`)


まあまだ本格的に積もるまでは時間があるので、しばらくはこれで凌ぐとして、ポイント練習はもう怖くてできないかもかも


ついでに今週のお天気は、と


マジかー。・゚・(ノД`)・゚・。


これはそろそろ本当にスポーツクラブ入会を考えた方が良いのかなあ、、、

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

宣告

以前からたまーに書いてるのですが、アタクシ肝硬変になっておりまして、月1回の頻度で専門医にかかっております


が、最近その専門医の方からの紹介で大学病院で診察していただく機会があり、どういうわけかその紹介していただいた医師の方から更に紹介されて医大教授の診察を受けることに


この経緯については正直アタクシ自身もワケワカメでして「もしかしてひょっとしてスゲーやばい状態なんじゃね?オレ」的な心配も0.5秒くらいした程だったのですが、結論から言うとどうもそういうわけでもないみたい


んで、その医大教授の2度目の診察を今日受けてきたわけです


血液検査の結果とにらめっこしながら教授が、開口一番「前回に比べて肝機能の数値が少し悪いですねえ。最近のことで何か心当たりありますか?」とか聞いてくる


たぶんこの質問の意図は「酒飲んでね?」ってことなのだと思うのだけど、酒については2012年6月に断って以降、一滴たりとも飲んでない


だとするとやっぱアレかな?ってことで
「えーとこないだの日曜にハーフマラソン走りました」
「ああ、CKも高いしたぶんそれですね。運動したのはそのくらいですか?」
「、、、実はその前の日曜はフルマラソン走りました(小声)」
「え?フルマラソン?5時間とか6時間くらいですか?」
「いえ、このまえは3時間51分、、、」
「そ、それは、、、肝硬変でフルマラソンは無理じゃないかな」
「(心の声)もう8回完走して、全部4時間以内なんですけど!100kmウルトラも2回完走してるんですけどナニカ」


その後、ひとしきり今回の数値の件についての説明中、教授が一言「マラソンは控えてください」

↑イメージです
それを聞いたアタクシは「(心の声)もう2月のフル、エントリーしとるがな」

↑あくまでイメージです
一応検査結果は真摯に受け止めつつも、宣告というか忠告については受け流して本日の診察は終了


今までもっと悪い値が出ても、いつもの専門医の先生からは一度も止められたことのないマラソンをポッと出のアンタ(失礼)が止めるってどーゆーこと?時間が経つにつれてだんだん腹が立ってきた


結論として、走るのをやめるつもりはサラサラないです。ただ取り組み方については少し考えなきゃいけないかも。故障しやすいとか攣りやすいのが肝臓と関係あることはわかっているし、自分の身体の状態に合わせたトレーニング計画を立てていくことは必要みたい。緻密なのはあんまり得意じゃないけど、走り続けるためには仕方ない


こんな良い趣味見つけたのに、簡単に手放してたまるかい

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

オフシーズンどうするか問題

今年最後のレース宮古サーモンハーフマラソンを終え、雪国ランナーの感覚としてはシーズンオフ。ちょっと気の抜けた日々を送っていたりする


とは言え、一応ぼちぼち走っております。疲労抜きペースばっかりですが


それにしても今朝のジョグは寒かったー。雪になってもおかしくない雨の中、おおよそ1時間。疲労抜きジョグに徹するつもりだったのだけど、キロ7分半のままだと凍えてしまいそうだったので、動作の確認を兼ねてペースを上げたり下げたり。6時半に切り上げたのに周りはまだ薄暗かった。早く冬おわんねえかなあ(まだ始まってもいない)

次のレース予定は2/11のいわきサンシャインマラソン。しっかり準備して迎えたいけど、これから寒くなって路面が凍結する季節になるので、まずはケガなくその日を迎えることが目標


この二年、あちこち痛めてさっぱり治らないことから、自分の故障に対する耐性の無さがよーくわかったので、とにかく無理はしない


とは言え、身体の強化には努めたいので、現在スポーツクラブへの入会を検討中。トレッドミルで走ることができるようになれば、早朝の視界の悪さや路面凍結に神経を尖らせる必要もない。ついでにマシーンを使った補強練習もできるし、メリットは大きいはず


問題はなかなか行く時間が取れなくて、月謝を無駄にしてしまいそうなこと。早朝営業のスポーツクラブなんてこんな田舎には無いし、、、


まあもう少し悩んでみます

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

第31回宮古サーモンハーフマラソン大会ふりかえり

当日は昨年同様4時起床。息子を起こし、前日のうちに買っておいたおにぎりで朝食。5時過ぎには家を出ることができた


前日からの冷え込みで心配された区界高原付近の路面はやはり少し凍結。危ない区間は極力慎重に走り、6時半過ぎには会場近くの山口小学校に車を停めることができた


7時になると同時に受付。ゼッケンやTシャツを受け取ったあと、去年と同じく会場近くのパン屋相馬屋さんへ。まだ温かい焼きたてのあんぱんなどを購入して、車へ戻った

寒いので着替えや腹ごしらえはすべて車の中。ハーフのスタート時間30分前に再び会場へ移動した。風が吹いて寒いので息子と2人で少しだけアップジョグ


ハーフのスタートが近づき、ペア2kmの部に出る息子とカミさんとはここで一旦お別れ

今回調子がイマイチと判断してスタートは目標ゴールタイム1時間45分の看板の近くに位置取った

前を見ると目標1時間30分の看板のすぐ後ろのところに自分と同じ白い激沈上等Tシャツの方を発見!挨拶しようかと迷っていたら、逆に後ろから会社の後輩Yに声をかけられてビックリ∑(゚Д゚)ドキ-ッ

「あの人同じシャツですけど、それなんなんですか?」「あ、うん、えーと、ネットで買った(ごにょごにょ)」と答えになってない答えでごまかす。家族にブログばれるのは問題ないけど、職場でバレるのはいろいろとマズイので、ここはシラを切り通す


9時40分。カウントダウンも何もなく唐突に号砲。あわててガーミンのスタートボタンを押して走り出した

最初の数秒は渋滞したが、すぐに周りのペースが上がって走りやすくなる。ペースを確認するとキロ4分40秒くらい。キツさは無い


すぐに前の激Tの方に追いついたので「ファイトでーす」と声がけ。思いがけず笑顔で応えてもらえたのでホッと安心


流れに乗ってペースを上げ、宮古の商店街を抜けていくと1km通過。タイムは4分27秒。練習だとキツイペースのはずなのにごく普通に走れてしまった。ホントこのレースアドレナリンって不思議


宮古大橋の起伏へかかったところで最初のアクシデント。右の脚が着地するたびに足裏にカツンカツンという硬い石の音が鳴り響く。どうやらクラウドのソールに小石が挟まったらしい(-。-;。すぐにでもとりたかったが、こんなことで時間は取られたくないのでひとまず放置。自然に取れることを祈りながら行く


起伏を走っているはずなのに思いのほか走りが軽い。上りではペースがあまり落ちず、下りではぐいぐい飛ばせる

2kmのラップは4分17秒。後半を考えるとこんなに飛ばしていいものかどうか迷ったが、今日のテーマはハナっから「激沈上等」。行けるところまで行って、もし保ったら自己新出すくらいで行ったろう!と決める


、、、って、完全に調子こいてました

住宅街を抜けるコースは上ったり下ったり、直角コーナーがあったりで結構忙しい

最初の給水はパスしたが2つ目の給水ポイントでは水とスポドリをとる。走りながら飲めるか試してみたら、水を噴き出してしまった。やっぱり無理。素直に歩きながら飲む


この頃にはだいぶ周りのランナーもばらけてきた。給水の影響で少しペースが落ちたが、5kmの通過タイムは22分ちょうど。自己記録は十分まだ射程圏内

6kmぐらいのところでは、かわいいおばあちゃんたちの声援を受ける

庭先に出て写真を撮りながら応援してくれていたオネーサマを逆撮影w。ウケた

山田線をまたいで、河南中方面へ向かう道、7km地点くらいでトップのランナーとスライド。ほぼ去年トップとすれ違ったあたり

河南中の手前を右に折れると大きな丘越えが二連発。斜度自体は大したことはないがこれが結構脚に堪える


二つ目の丘を登って、宮古水産高校の横で最初の折り返し。たぶん9.5kmくらい。折り返し点にあった時計の表示は42分手前。悪くない

折り返してすぐに10km通過

「まだ半分」、、、10kmを過ぎてついそう考えてしまう。こういうときは疲れてきた時。気がつくと息が苦しくてツライ。スライドで後輩Yや激T仲間さんとエールを交換したり、太鼓とお囃子の応援でおかげで一時的には力をもらうものの、息苦しさがどんどん走る力を奪っていく

給水が待ち遠しい。さっきまであんなに寒がっていたのに、今は喉がカラカラに渇いて汗を拭く右手が忙しい

第2折り返しへ向かうまでの間は細かいアップダウンの連続。疲れて踏ん張りが効かなくなり、上り坂ではペースがガタ落ち。それに加えて路面の凹凸のせいで足首をひねりそうになる


ペースを確認するとキロ4分50秒くらい。必死で走っているはずなのに悲しいほどに遅い。歯を食いしばって体を振るが、スピードが出ない


13.5kmくらいで第2折り返し通過

スライドで少し元気をもらうが、やはりそれも一時的。余裕がなさすぎて、声援らしい声援を送ることすらできない

やっと山田線の踏切。去年ここらへんで沈んで、メイタンの金を飲んで少し回復したことを思い出す。今年はその時に比べて明らかに余裕がない

やや下り基調のコースに入り、ペースアップを試みる。が、鼻水が出て息が苦しい


「そろそろペースダウンするか」という悪魔のささやきを振り切って、逆にペースアップ。「苦しくなってからが面白い」鏑木毅さんの言葉を心の中でなんども唱えてもがいた

15km付近はやや下り基調。給水所でカフェイン入りのマグオンレモン味を摂ってエネルギーを補給。が、楽になった気は全然しない

残り5km。ペースを上げたくてももうその力が出ない。フォームを保って推進力を削がないように走るが、ペースはキロ5分を上回らないようにキープするのがやっと


行きに下ったところがあるのだから、帰りになればそこは上り。当たり前のことだが、上りの時のあまりの脚の重さに心が折れそうになる

宮古大橋を渡れば残りはわずか。沿道の応援も増えてきて、笑顔で応えたいのに笑顔が作れない。腰が後ろに落ちて、気がつくと下を向いてしまっている。「がんばって」と声をかけられるが、ただひたすらツラくて小さく「はい」と応じるのが精一杯。中にはゼッケン番号を読み上げて応援してくれた方もいたが、手をあげるくらいでまともに応えることが出来なかった

もう残りは2kmほどしかないが、最後の給水もしっかりと摂った

あと1km。普段ならなんてことない距離なのに辛くて仕方がない

余裕がないと言いつつ、大漁旗を写真に収めるアングルには気を使っていたりするw

商店街を抜けて、右に折れればあとはゴールまで一直線。ここでスパートしていく人も多いが、自分にはもう脚が残っていない

あと少しもう少し。時計を見ると1時間35分はもうとっくに超えている。無念

ゆっくりバシバシと写真を撮りながらゴール

タイムは1時間36分48秒。「100分切れれば」と考えていた当初目標からすれば悪くないが、レース展開的には惨敗。ハーフの後半であんなに苦しむとは思わなかった


結果は置いておいて、サーモンハーフマラソンの楽しみはここから


まずは温かい鮭汁

炭火で焼き上げたサンマはレース参加者の特権。息子の分も合わせて1.5匹も食べた( ゚Д゚)ウマー


会場ではこのほかに鮭のちゃんちゃん焼きや鮭ごはんも無料でふるまわれていた。これで参加料3000円ってすごいよなー

期待の東京マラソン出走権が当たる抽選会は見事にハズレ


ここで会場を後にする。駐車場に向かう道すがら、こんなのを発見した。町ぐるみで応援してくれる気持ちがうれしい

宮古を離れる前に、これも参加特典の無料入浴券を利用して駐車場近くの旭湯さんに寄った


浴槽はランナーで芋洗状態だったが、熱い湯がとても心地良かった。風呂上がりには瓶の牛乳を飲んで大満足

レース結果はイマイチだったが、ソツのない大会運営と盛りだくさんの特典、宮古の方の温かい応援ともてなしのあるこの大会はやっぱり最高


遠くからでも参加する価値あり。おすすめですよ

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村