カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

肉離れからの帰還2日目

肉離れからの復帰2日目。今日のテーマは昨日より距離を伸ばす。それだけ!


まずは慎重〜にスタート。最初の1kmは上り基調だったこともあって6分近くかかる


両膝の上あたり、坐骨神経痛のある左腿の裏あたりが痛くてギクシャクした走りになってしまうが、これはいつものこと。慢性化してるっぽい(-。-;


でもこれは最初だけ。1km過ぎて少し経つと痛みが引いて普通に走れるようになってくる。たぶん固まってた筋肉がほぐれるせいだと思うけど、これってランナーなら普通のことなんじゃろか?


走れる人は最初からパーッと走れると思うし、自分自身も2年前ならとくにアップ無しでも同じペースで走れたんだけど、、、なんなんだろ?この劣化。加齢?


盛岡の八幡町のとおりを抜けて、北上川沿いまで出て桜並木の下を気持ちよく走り、あとは家までノンストップで7kmちょい。昨日が5kmだからノルマは達成。最後キロ4分半近くまで上げて2kmほど巡行したら、やっぱり少しバテた(-。-;湿度が高いせいもあったかもしれないけど、まだ身体が戻っていない。って当たり前かw

2日続けて走れたことで肉離れに関しては完治したと考えて良いかと。まずはひと安心


まだ強度の高い練習をするのはちょっと怖いんでしばらくはジョグでつなぐけど、気がついたらもう次のアップルマラソンまではあと2ヶ月とちょっとしかない。来週にはスピード練習を再開したいところだけど、練習を積み上げられる時間はかなり少なくなってしまった感じがする


、、、でもね、人間学ぶんですよ。ここで焦ってもロクなこたあない。焦ってオーバーワークになって故障したら練習期間もへったくれもない、ってね


夜もこれを書く直前までハムストリング、腸腰筋、ふくらはぎなどを入念にストレッチ。これすべて故障しないため。もっとも続けてる割に全然柔らかくなった実感はないけどね!

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

肉離れからの帰還

右ふくらはぎに痛みを発したのが7月7日。この翌日に整形外科を受診し、肉離れで一週間安静の診断。きっかり一週間で走ってみたら違和感が出てすぐに中止。そして発症から12日の今日、やっとジョグを再開できた


フォームを守ってなるべくゆっくり、なるべくソフトに。ふくらはぎの痛みがいつ出るか内心ビクビクしながらの軽いジョグだったが、30分弱の間痛みを感じることなく走りきることができた


しかし10日以上も休んでいたせいか終始足が重い。距離にしてたかだか5kmなのにヘトヘト。おまけに前腿に筋肉痛まで出る始末。まあでもこれは走力が落ちたというよりも、久しぶりの有酸素運動で身体がビックリした感じかなと

たったこれだけのランで、喜ぶようなことではないかもしれないけど、本当にホッとした


あとは再発させないこと。肉離れは治りかけに無理して再発させると癖になりやすいそうなので、調子に乗って練習強度を急に上げたりせず、一週間くらいは様子を見ながら徐々に走る時間と距離を伸ばしていこうと思う

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

肝硬変ニ負ケズ

今朝も結局走らず。走る気あったけど、なぜか夜中目がさえて2時くらいまで眠れなかったせいで寝坊。起きたら6時過ぎてた(ノ∀`)


本日は内科の定期検診。以前何度も書いているとおり肝硬変なので、毎月一度は血液検査をして経過観察をしている


今回聞いてきたのは6月14日の検査結果。つまり、いわて銀河100kmの直後。こんなものまともな結果が出るわけないと思っていたら、先生が開口一番


今回は悪いです(-"-)


とww。数値に異常が出たのはCPKという筋肉の中にある酵素。肝臓の悪い人は横紋筋融解が起きやすく血液中に溶け出すため、この数値が健康な人よりも高くなりやすいのだが今回の数値は

いつもよりヒトケタ多かったw。こりゃヒドイ。こんな今まで見たことない数字が出た日にゃ先生もそりゃびっくりするわな


すぐにこの検査日が100km走った直後であることを伝えると先生も「ああ、それでCPKだけが突出して高かったのか」と納得してくれた模様。実際、アンモニアやPTなど他の数値はさほど悪くなかった(自分比)


まあでも、肝臓の悪い人は走ると人一倍筋肉の融解が進みやすいというのは、話には聞いていたけど、はっきり数字に出たことで実感。筋トレしても健康な人よりは成果が出にくい面もあるらしいし。やっぱり肝硬変ってやつはそれだけでランナーとして不利だということがよーくわかった


そうとわかればもっと頑張るだけ、、、なんだけど今は走れないっていうね(-。-;
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

セルフジャッジは自爆スイッチかもしれないという大問題

肉離れは治ったのか治ってないのかわかりません!確かなのは今日も休んだってことだけ。その代わり筋トレとストレッチは結構頑張った


息子のサッカー教室を見学してるときですら、校庭の隅の鉄棒で斜め懸垂してたし

運動の後はちゃんとタンパク質も補給した

ガッツリ食べても一応体重は減ってないけど増えてもいない。我慢もしていないのでストレス無し(コレ大事)


「治ったのか治ってないのかわからない」と最初に書いたけど、ストレッチしても痛みはない。たぶんもう大丈夫だと思うけど、走り出すのがまだ怖い。これって本当に見極めが難しい。MRI撮れば簡単にわかるんだろうけど、それだけのためにそこまでするのも、ねえ?(-。-;


確かめるには走ってみるしかないのだけど、その結果悪化するとかしたら訳わかんないし、いやホント悩ましいわー

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

映画に教えられた話

今日は朝から雨。一応いつも通り5時には目覚めたものの、起き抜けに筋トレをする気は起きず、軽いふくらはぎのストレッチのみ


走りたくても走れず。Twitterやブログを巡回すると、次々と炎天下の中の練習やらレース報告やらが上がってくる。走れない自分が情けなくてイヤになるが、どうしようもない


午前中は家でゴロゴロしていたが、外に出ないと心身ともにふやけてしまいそうなので、息子を誘って映画を観てきた


観たのはコレ

ピクサーの最新作「カーズ〜クロスロード」


公開中の映画なので詳しいことは書かないが、たぶんこの映画のテーマはレースカーとしてのマックイーンの終焉であり、「引き際」なのだと思うのだけど、その裏に流れる
挑戦もせずに簡単に夢を諦めていいのか?
という問いかけの方がグッとくるものがあった


まあ、え?それでいいの?と言いたくなるご都合主義的ラストではあったけどw


息子も夢中になって観てた(と思う)けど、普段からなわとびや水泳など「できない」と一度思い込むと投げ出してしまいがちな彼に、この裏テーマが届いているといいな、と思わずにはいられなかった


かく言う自分も運動は全般的に苦手と決めつけて、これまでの人生の大半を過ごしてきたわけだけど、走ることを始めてからは、目標を持って努力すること、挑戦することの面白さを今更ながらに実感している


映画では、やめ時を自分で決めることの難しさを描いていたけど、アタクシのランニングは単なる趣味だから、やめることはいつでもできるし、自分で決められる。自分にさえ続ける気があればいつまでも走り続けられる


おお、そうか!先は長いもんな。焦ったら負けだよな


そう思ったら急にやる気が出てきて、家に帰ってからガシガシ筋トレしまくった。肩とか大胸筋とか走るのに関係ないところだけど(^_^;)


観に行って良かったな、オレww

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

肉離れは意外としつっこい

一週間前の土曜日に痛めた右ふくらはぎ。経過は良好なようで、歩いてもまったく痛みなし。むしろ左の膝の方が気になるような状態になったので、今朝はひとまず走ってみることにした


出だしは大丈夫。これなら行けるかな?と思い始めた矢先にふくらはぎに異変。鈍痛寸前くらいの違和感が出たところで急遽ストップ


歩いて様子見したあともう一度走り出してみたが、今度ははっきりと腓腹筋の内側あたりに突っ張るような感覚が出た。これはダメ。このまま走り続ければ間違いなく悪化する。。。アタクシの中の危機察知センサーが遅ればせながら働いたので、そのままトボトボと歩いて帰った

カーフスリーブで圧迫してもダメなもんはダメでしたな


一応医者の言いつけ通り一週間休んでみたのだが、まだ治ってなかった。この肉離れというやつは、完治の見極めが困難な分、腸脛靭帯炎よりも厄介かもしれない


それにしても去年の反省から、今年は故障しないように慎重に休みを入れながら、練習強度も調節しながらやってきて、フルマラソンの後も100kmウルトラの後も、順調とは言えないまでもさほど間をおかず練習を継続できていただけに、この停滞は軽くショック


とは言え、落ち込んでいても仕方ないので、あと一週間は回復期として、今まで以上に筋力トレーニングに力を入れることにした


今日はこの辺を参考にトレーニング

さらに手持ちのソイプロテインを美味しく摂取するためにプロテインバーを自作してみた


材料は

  • バルクスポーツのソイプロテイン(60g)
  • おからパウダー少々
  • 低脂肪乳(150ccくらい)
  • 卵1個
  • ココアスティック2本(無糖)
  • ココナッツオイル
  • バタピー少々


ボウルに卵を入れてよく溶き、ここにバタピー以外の残りの材料を入れて泡立て器でよくかき混ぜる。硬さは低脂肪乳の量で調整。最後に砕いたバタピーを混ぜる


フライパンにココナッツオイルをひいて、出来上がった生地を焼く。最初中火で表面を固めてあとは弱火でジワリと。両面焼いて火が通ったら皿に上げ、そのまま冷蔵庫で冷やす


全体が冷えて固まったら、適当な大きさに切る。以上


で、出来上がったのがコレ

見た目は悪いけど、しっかり甘さはあるし、低糖質高タンパク。食感はしっとりしていながら、バタピーのカリカリもあるので食べ応えがある


我ながら狙い通りの完成度。すべて目分量で作ったので、次回も同じ仕上がりになるかどうかは限りなくアヤシイwが、これは良いおやつになりそうなので、この後も作っていこうと思う


期せずしてできた筋力強化トレーニング期間だけど、楽しく頑張るぞー
↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

10000m40分切りにあこがれて

昨日13日に北海道の網走で行われたホクレン・ディスタンスチャレンジ。注目の大迫傑選手は世界選手権の参加標準記録にわずかに届かず残念な結果に終わったのですが、アタクシが注目したのは10000m競歩に出場した岩手県花巻市出身の高橋英輝選手

既に世界選手権代表に決定している高橋選手はここでも見事に優勝。その優勝タイムは39分46秒6!


このタイムは日本記録でもある高橋選手のベストタイム38分1秒49には遠く及ばないものの、走ることができない競歩でこのタイムは単純にスゲー!としか言いようがない


10000mで40分切りはフルマラソンサブ3.5と同等かあるいはそれ以上にアタクシがあこがれとするタイム。いつか10kmレースで40分を切ってみたいと思っているのだが、現状はそのペースで走れるのは1km〜2kmがせいぜい。これを今年中になんとか5kmくらいまで伸ばしたいところ


そのためにはスピード練習。速い動きを身体に覚えこませてひたすら反復する。そしてスピードの余裕度をつけ、持続距離を少しずつ伸ばしていく。これをやりたい。そのための毎週インターバル走だったのだが、肉離れで早くも停滞してしまった←イマココ


明日で肉離れ発症からちょうど一週間。ふくらはぎの痛みは消えた。本気で走ってみなければまだわからないが、緩ジョグからなら何とか再開できそう


憧れの10000m40分切り目指して、再始動ですよ


にしても、その憧れのタイムを歩くだけでやすやすとクリアしちゃうんだから、ホントに高橋選手ってすごいよね

↓ポチッとしていただいたりコメントをいただけると励みになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村