カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

参院選結果

参院選の結果の見方は、多くの人にとっては「民主躍進、自民敗北」となるのだろうが、わしとしてはその点はどうでもいい。民主党が勝ったといっても、民主党に投票した人の中で政策を支持した人はさほど多くないだろう。おそらくほとんどは自民党への批判、あるいは社民・共産への諦観によるものだろう。民主党はその点を肝に命じるべきだ。今もテレビで藤井・民主党幹事長が「民主党の考えが広まった」などとぬかしているが、このテの勘違い、あるいは思い上がりこそ厳に慎まねばなるまい

個人的な興味からいえば、今回の選挙は一勝一敗一分け。内訳を言うと一勝は共産党の大幅議席減。まあこれは当然だろう。今どきイデオロギーだけで具体的な政策展開のできない党なんて消えてなくなった方がマシだからね。一敗は社民党の現状維持。福島瑞穂が当選してしまったのは本当に残念。口を開くたびにアホを晒すような演説の連続だったのに、投票した人は何を見ていたんだろう。一分けは公明党議席維持。結局キャスティングボードを学会票が握る、という政界の構図自体は崩れなかったわけだからねえ

わし自身の投票結果を言えば全敗!どちらも死に票だった^^;だって自民にも民主にも入れたくないし、入れる理由もないからなあ

さ、いよいよ次は改憲論議だ。国民の出番でっせ

広告を非表示にする