カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

なんで外信やねん

毎日新聞のサイトより
MSN Japan - Hotmail, Outlook.com, Skype, OneDrive, Bing

英紙タイムズ(電子版)は11日付の社説で、「明らかに中国政府の暗黙の奨励で行われた」としたうえで、「暴徒化する群集心理を後押しすれば、最終的には自らが敗者になることを中国指導者は理解しなければならない」と指摘した。

 同紙社説は、中国政府が反日デモを奨励している理由として、経済格差や失業、汚職などの国内問題から国民の関心をそらせることと、アジアでの日本の政治的、経済的影響力を抑えるためであると分析した。

当然の見解とは思うが、遠い英国でもそれは同じということ。決して「歴史認識の問題」などではない、というのが客観的かつ一般的な見方というものだ

10日付の米紙ワシントン・ポスト紙(同)は、北京の日本大使館の窓ガラスが割られたことなどを伝え、「反日デモは中国政府に容認されていた」と報じた。

他国のことに極めて無関心な米国ですらこの見方なわけ

ちなみにこのニュース、同様の内容が共同通信からは午前中に配信されている。それにしても、、、

小泉純一郎首相は靖国神社参拝や教科書の問題を解決し、「真の改革者」であることを証明しなければならないとした。

これを英国人に先に言われてしまう日本のメディアっていったい(嘆息)