カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の46歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

Musical baton

どういうわけか、大学時代の友人id:taske氏とid:drmccoy氏のお二人から同じバトンが回ってきてしまったので、とりあえず一度にお答えします。でもわし勝手に回せるような人が5人もいないんだけど、どうしよう?

1.Total volume of music files on my computer(今パソコンに入っている音楽の容量)
2.The last CD I bought(最近買ったCD)
3.Song playing right now(今聴いている曲)
4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me(よく聴くまたは思い入れのある5曲)

  1. 2.9GB
  2. 買ったんでなくていただいたのならsynapseの「CHERISH」と「NYLON50%」(http://synapse-info.net/)。買ったのだと、、、げ!小島麻由美の「パブロの恋人」が一番新しい
    パブロの恋人

    パブロの恋人

  3. 最近よく聴くのはBilly Joelの「Piano man」。
    Piano Man

    Piano Man

    例の件の影響です(笑)そらで歌えるようになっちゃった。って彼は一体どうなったのさ?
  4. これは難しい

1)Rolling Stones「Midnight rambler」。収録アルバムは、、、

Let It Bleed

Let It Bleed

わしのidの由来でもあるストーンズ。彼らの曲から一曲選ぶならこれ。ロック、ブルースの格好よさをわしに教えてくれた名曲なので
2)Deep Purple「Highway star」。収録アルバムは、、、
Machine Head

Machine Head

月並みだけど、わしをハードロックの世界に引き込んだ曲。MTVでこの曲を演奏する彼らの映像を初めて観たとき、ジョン・ロードのキーボードのあまりの格好よさにスパナで頭を殴られたくらいの衝撃を受けた
3)小島麻由美蜜蜂」。収録アルバムは、、、
セシルのブルース

セシルのブルース

わしの一押し小島嬢の曲。世にも珍しい8分の5拍子を刻むポップソング。気だるい雰囲気とブルース的なモチーフを感じさせる歌詞がむずがゆいような快感
4)西城秀樹「炎」。収録アルバムは、、、
HIDEKI 70’S

HIDEKI 70’S

たぶん最初に買ってもらったレコード。アップテンポでありながらもの哀しいメロディは今聴いてもなかなかかっこよい。歌詞はちょっとM男チック(笑)
5)パブロの歌
最後はおそらく日本中探しても百人くらいしか知らないんじゃないかと思われる曲。本当の題名は不明。アニメ「母をたずねて三千里」の主人公マルコがアルゼンチンのコルドバで知り合った少年パブロ。貧しくともたくましく生きる彼が劇中、ロバの背にまたがり、ケーナの演奏とともに口ずさむ歌がこれ。フォルクローレの哀愁を帯びたメロディがフォーク風のギター、ケーナに乗せて流れる。こんな本格的なオリジナル曲が子ども番組の劇中に使われたことが衝撃的。歌詞も実にそれっぽい。歌詞は

ロバとケーナが 俺の友達
赤い山道 下るとき
聴こえてくる 聴こえてくる
インディオのこのバグアラが

最終話、通り過ぎる列車の車窓からパブロ兄妹とマルコ母子がつかの間の再会を果たす場面でもこの曲のインストゥルメンタルバージョンが流れるのだが、これがまた名場面の数々を思い出させて泣けるんだよなあ

というわけで5人はしんどいのでとりあえずお二人にバトン投げちゃいます。勝手に投げてごめんなさい
id:monjasp
id:mashuu

広告を非表示にする