カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

無宗教の追悼ってあるの?

小泉首相のヘタレ靖国神社参拝以後、またぞろ左翼が大騒ぎして持ち上がってきた国立追悼施設建設の話題。詳しいことは他所でいろいろな方が書いておられることと思うので端折るが、この追悼施設建設を推進する勢力はなぜか気軽に次の文言を口にする

無宗教の(あるいは「特定宗教に寄らない」)国立追悼施設

これってどういうことやねん?とわしはいつも思ってしまう。そもそも「追悼」という行為(あるいは考え方)自体が宗教的色彩を帯びていると思うのだが、それでいて「無宗教」というのはおかしくないか?絶対に無宗教と言うのなら、例えば参拝の方法にしても、手を合わせたら「それは仏式だ」って非難を浴びることになるんじゃろうか?だとしたら「どの宗教とも一切関係ない所作」を求めて、審査委員会でも立ち上げるんじゃろうか?(笑)でなければ慰霊も追悼も行わないのが「無宗教」的なあり方ということになるだろう

だいたいこの追悼施設には誰が祀られるんだ?日本人の戦没者朝鮮半島出身者は含まないの?ど〜せ含めても外しても非難を受けるんじゃねえの?一般の戦没者慰霊なら千鳥ヶ淵でやればいいんだから、やっぱり軍属の殉難者のみに限るのが妥当なんだろうか?では大東亜戦争後に戦犯とされた人はそこから全部外すのか?

ちょっと考えただけでもどんどん疑問が出てくる。既に靖国神社千鳥ヶ淵墓苑があるのに、何も宿るもののない「無宗教」の施設などに一体誰が参ると言うのか?中韓向けのアピールとして、首相だけのために儀式を行う場所を作ろうとでもいうのか?普段税金の無駄遣いを見つけると鬼の首を取ったように騒ぎ立てる連中が、なんでこんなものの建設を推進するのか?さっぱり理解できない

何度も書いたから簡単に終わる。まず国家の代表たる内閣総理が国事殉難者の慰霊・追悼を行うのはごく当たり前のこと。国内法的に日本に戦犯なるものは存在せず、その判断は国会決議においてすでに決着している。以上!