読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

亀田興毅世界戦、疑惑の判定

格闘技

ボクシングの世界でホームタウンディシジョンはある意味常識と言えるし、判定になってしまった時点でランダエタにとって不利な条件は整ったと言えなくも無い。しかしながら今日の判定は明らかにおかしい。日本人のわしから見ても確実にランダエタの勝利に見えた。まあ亀田サイドから見ればそれも「素人目」にすぎないかもしれないが、誰もが納得できる強さを見せられなかったことは確か

「3階級制覇」を口にする選手にしてはお粗末な内容だった。上体の使い方は上手いと思うが、フットワークがまるでダメ。ジャブがさほど良くないので、終始相手の距離で打ち合わざるを得ない。強いパンチも間合いとタイミングが合わなければ決定打とはならない。それほど引き出しの多い選手とも思えないので、良いジャブを持つ選手を相手にしたときはいかにも苦しいという印象を持った

試合全体を通して手数ではランダエタが上回っていたように見えただけに、初回に最低二点を失ったはずの亀田がなぜ逆転できたのか、さっぱり合点がいかない。判定の基準となる有効打の数でも二点のビハインドを覆すほどの明確な差があったとは思えない。あくまで問われるのは「数」であり「質」ではないのだから、亀田勝利の判定は「テレビ向けのシナリオ」と見られても仕方なかろう

それにしてもあんなおかしな判定を目の当たりにして「素直に」喜んでしまう観客も少々情けない。ブーイングくらいできんのか。プロスポーツ選手がメディア戦略で注目を集めること自体には何の問題もないとわしは思うが、亀田に関してはいくらなんでも実力以上に祭り上げすぎではなかろうか?だからボクシングの内容なんてわからない、ただ「亀田の世界奪取ショー」を観に来ただけの姉ちゃんたちが無邪気にはしゃいでしまうのだろう

試合後のニュース23にも出演していたがインタビューする佐古忠彦のなんと白々しいことよ。普段は世間の「疑惑」を追及して止まぬくせに自社の利益のためならそんなことはどうでも良いのだな

ビッグマウスで通してきた亀田親子なんだから、あそこで首振ってあのお父ちゃんが「こんなベルトいらんわ。お前のもんじゃ」とか言ってランダエタにベルトを渡すくらいだったら見直すんだがな。涙の抱擁って、、、正直引くな〜

何よりわしはランダエタがかわいそうで仕方ありまへん

広告を非表示にする