カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

キクチのスクリーン導入

今までわがヘッポコシアターで使っていたスクリーンは以前紹介した自作模造紙スクリーン。超安価で汚しても壊しても痛くないのが自慢(笑)だったのだが、張りっぱなしにする関係上、後ろの押し入れが使いづらいのが難点。二人暮らしをするにあたって、この押し入れが活用できないことは何かと不便

そこで安い巻き上げ式のスクリーンはないかと物色していたのだが、良い物は高価な上に結構な重量があり、賃貸住宅で使うにはいろいろと設置に工夫を凝らさねばならない。チェーンドライブの巻き上げスクリーンを三脚に吊してはどうか?などと考えながらオークションを漁っていたら、KIKUCHIのアップライズ(自立式)スクリーンが信じられないような安価で出ている!サイズはNTSC(4:3)の100インチ(型番はUP-100THGらしい)。自立式だけあって平面性は高そうだし、掲載してある画像を見る限りかなりの美品。膜面はビーズ加工のシアターグレイ。今まで持っていたどのスクリーンと比べても飛び抜けて高性能な物には間違いない。サイズは現在のワイド100インチに比べると横幅が足りないが、この程度の違いなら設置の加減でなんとかなるので早速落札、昨日到着した

配達の人も「なんですかこれ?」と思わず聞いてしまうほどの巨大な荷物が到着。思っていたよりもかなり重厚な作りに圧倒される。えっちらおっちら部屋に運び込み、オープン!

う〜ん、壮観。膜面をチェックしてみたが、キズや汚れはほとんど見られずとりあえず安心。出品者にお礼のメールを送り、すぐに投射試験にとりかかった

最初の写真と角度が違うのであまり参考にならないが、第一印象は「明るい!」。ビーズスクリーンなので予想はしていたのだが、明るい割に反射を強く感じることがないのが好印象。グレイスクリーンなので白ピークが伸びないのではと思っていたのだが、ちゃんと白が白に映る。Z9000との相性にも不安はあったのだが、普通に観ているぶんにはまったく問題なし。むしろ模造紙スクリーンよりも目が疲れない感じがした。強いて問題を挙げれば、現在の投射位置だとやはり画面の左右が収まりきらなかったこと。マスク部分に少し絵がかかってしまうのだが、この点はプラス分を考慮して我慢することにした

かなり安価にシアター環境の大グレードアップが計れた上に、押し入れが普通に使えるようになって住環境もパワーアップ。ホームシアターファンとしては、スクリーンの重要性を再認識した一日となった