読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の45歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

大トリ様バリへ行く(ウブド初日編つづき)

スリーモンキーズカフェでひと休みした後、さらにモンキーフォレスト通りを北上しながらジャーランジャーラン

オサレなブティックや雑貨屋が建ち並び、ウインドウショッピングを楽しもうかと思ったら相方が「足が痛い」と言い出す。どうも宿で履き替えたサンダルがマズかったらしく歩を進めるたびに痛みが走る様子。早めに宿に戻ることにするが、どこからハノマン通りに戻ればいいのかわからないので道なりにひたすら歩く。疲れた顔で歩いていると道端に座り込んでいる男たちがほとんど1メートル進むごとに「Taxi?」としつこく聞いてくる。最初は「No!Taxi」とか答えていたのだが、だんだん面倒くさくなって無視を決め込む。そうこうしているうちにサッカー場にたどり着いた

ここからモンキーフォレスト通りとハノマン通りを結ぶデウィシタ通りを通って宿へ戻ったのだが、このデウィシタ通りはなかなか雰囲気の良い魅力的なお店が並んでいることに後日気づくのだが、このときは疲労のためにそんなものを楽しむ余裕は無し

途中相方は小さい角店でかなりお歳を召したオバちゃんから絆創膏を購入。この際相方は「ここにペタペタ」という究極のボディランゲージを駆使。オバちゃんも超人的理解力で戸棚からサッとバンドエイドを取り出す。2枚で10000rp(130円くらい)という相当に怪しげな価格だったが目的が果たせたので良しとする

ときどきポッカリと穴の開いた危険な歩道をえっちらおっちら進んでようやくお宿に帰着。ここでわしはまったく現地通貨(ルピア)を持っていなかったので両替に行く。ホテルのフロントで両替してもらおうとしたら「今お金がない」というので向かいの観光案内所兼インターネットカフェへ。表を見ると本日のレートは「76」。これは要するに「1円=76rp」ということ。なので1万円を両替すれば76万rpになるはずなのだが、店番のオネエちゃんは「75万だ」と言い張る。わしが「そこに76って書いてあんじゃん」と言うと「あれは見かけのレートでうんたらかんたら」とか言い出したので面倒くさくなってそのまま了承。事前情報によると街の両替商はこの金の受け渡しのときにわざと少額紙幣や旧札を混ぜてごまかす、とのことだったのだが、ここのオネエちゃんは10万rp札と5万rp札の組み合わせでシンプルに渡してきたので拍子抜け。そもそもこのネエちゃんイマイチ仕事にやる気が感じられない。おそらく手の混んだトリックを使うのは面倒もしくはできないので、最初からちょっと少なめに計算することでマージンを稼いでいるのだろう

夜はバリ舞踊を観にいこうかとも思っていたのだが、相方の足の痛みもあるのでおとなしく休むことに。食事もホテル併設のカキアン・ベーカリーでとる。とは言えここは地元でもおいしいと評判のケーキとパンのお店で、ウブドでは珍しくクーラーの効いた店内で食事を楽しむこともできる人気店

わしはポークチョップ、相方はミーゴレンを注文したがどちらもおいしくてボリュームも十分。ある程度観光客向けにアレンジされているのかもしれないが、バリの食事は概ね日本人の口に合う。地元にしてはちょっと高めと思われる価格設定だったがそれでも10万rp(約1300円)を超える程度というのはうれしい

一日目はこれでジ・エンド。9時半ごろには就寝してしまったが、バリは「のんびりするところ」なのでこれもまた良しなのであった

広告を非表示にする