カメラと映画と日本が好き

平成27年6月にはてなダイアリーから引っ越し。岩手県在住の47歳会社員。某マスコミに近いところ勤務。家族:相方&息子 祖国の未来を憂い、特定アジアと国内の反日分子を叩くことに燃えつつ、のほほんと写真を撮ったり映画を観たりするのを趣味とする男の日々。平成26年に突如としてランニングをはじめ、現在ドハマり中

キサラギ

レンタルDVDにて鑑賞

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

謎の自殺を遂げたアイドル・如月ミキの一周忌に集まった互いの顔や素性さえ知らぬ5人の男。ファン同士のささやかな交流会だったはずの追悼会は、いつの間にか彼女の死の真相についての壮絶な推理バトルへと発展していく、といったストーリー。ほぼ全編狭い密室の中の会話劇という形で進行するため、そこに映画的なスケール感はない。台詞まわしと役者同士の間(ま)で展開していく手法は舞台のそれに近く、実際じっくりと丁寧に推論を積み上げていく推理サスペンスの部分を、秘められていたしょうもない新事実を告白させることで突き崩し笑わせるやり方は三谷幸喜とまったく同じ。観ている間ずっと既視感にとらわれていたのはそのせいだろう

推理劇の領域が「風が吹けば桶屋が儲かる」的結論ありきの構成になっているため、ややご都合主義、強引さを感じることも事実。先の展開もかなり早い段階で読めてしまうので、謎解きの面白さはさほどでもない。しかし小気味良い会話と完成度の高いコントを見るような絶妙な間が観ている者を物語に引き込まずにはいられない。「そこは違うだろ!」とツッコミを入れたくなる場面もまるで映画に参加しているかのような楽しさがある

しかし、最後に見せられるオタク芸やそこまで隠してきた「如月ミキ」の姿は完全なる蛇足で、そこまであった楽しさが、見たくないものを見せられた時に感ずる気恥ずかしさによって半減させられてしまった。あの構成であのラストは必要なかろう。あの物語での「如月ミキ」は自分だけにとっての理想のアイドル、言い換えれば想像上の人物のままでよかったのだ

物語を構成するオフ会、アイドルオタク、ファンミーティングなどのファクターも多分に限定的過ぎて、自ずと観客を選んでしまっている。確かに面白い。面白いが、この点でわしはこの映画を万人にオススメする、とは言えなくなってしまった